ライトボディなお魚 in BK

by • January 13, 2010 • Restaurant ReviewsComments (0)487

2007年の2月半ば、Brooklynに住むアメリカ人を訪れたんですよ。初めてBK版5thアベニューに行ってみたのですが、ココロもち雰囲気は吉祥寺っぽいですよね。小ジャレた洋服・雑貨屋を始め、マンハッタンではスタバに席巻されてお見かけしなくなった「町の珈琲屋さん」らしきカフェが立ち並びんでおります。レストランも定食屋さん風から郊外の名店まで数多い品揃えなんですよ。

ちなみにBKは関東圏で捉えると、私にとって「横浜」に近い位置づけ。有名作家ポール・オースターが住むなど、作家やアーティストが多い他、ご存じの通りHip-Hopなど音楽的なカルチャーの発信地でもあるところが、文化的香り高いんですもの。マンハッタン以外に住むならBKかな。

↓BKのお店は大体パティオがあるので、クール☆ 初夏にパティオで、キンと冷えたワインを飲みたいなぁ。My Big Apple

今回友人のお勧めで扉を開いたレストランはFish Camp。その名のとおり、シーフード・レストランです。ちょっと映画Perfect Stormを思い出させる内装を見て期待に胸が弾む中、ワインを頼むとウェイトレスの方がワイングラスなみなみにワインを注いで持って来るんです。豪快さが、またカントリーチックだったり。このいい加減さが堪まりませんねー。またウェイトレスのオーダーの取り方にグッときました。だって漁師風のおかみさん風なのに、「How do you like your fish cooked? Fullbodied, midium or lightbodied?」なーんてワイン調で聞いてくるんですもの。このギャップ、ステキです!

前菜に頼んだ蟹グラタンはスパイシーかつ濃厚で口の中はホクホク。Porgy(鯛)もアッサリ、注文どおりのライトボディなお味で、すっかり気に入ってしまいました。パティオもあるので春夏にブルックリンに行かれる時は、ぜひトライして下さい。

↓ロブスターのグリル、ああ書いてるだけで思い出してヨダレが・・。

My Big Apple

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>