春を先取りして、Rooftopで乾杯☆

by • March 19, 2010 • NightlifeComments (0)436

久々に夜遊び情報をご提供します~。

NYを訪れたことがある方なら、よぉ~くご存知のEmpire Hotel へ行って来ました!!ちょうど日中には気温が10度を超える陽気になったので、春を先取りです!!!アメリカ人のお友達とコロンバス・サークルで待ち合わせて、意気揚々とお出かけ・・・といきたいところが、気温のボラティリティが激しいNY。夜の帳が降りる頃には、冷たい空気が顔を刺します。

↓Empire hotel、煌々と光る真っ赤なネオンサインが目印。

My Big Apple

でも、長くて暗い冬がようやく終わりを告げ、暖かくもやわらかな春の光が差し込んで小躍りしているのは、私達だけではありません。ホテルにたどり着きますと、長蛇の列が出来上がっていて・・・。皆さん気温が急低下する夜とあってコートに手を突っ込みながら、タバコを吸うこともなく入場の順番を待っておりました。

いったんは行列を横目に入り口へ向かってアメリカ人の友人が交渉したものの、すげなく行列に加わるようにドアマンに指示され、最後尾にちょこんと並んだ私たち。大抵は行列に加わることなくベルベット・ロープの中へ通されるため口を尖らせておりますと、列を作る人々を品定めしていたさっきとは別のブロンド長髪のドアマンが、私たちに目を止めたのです。アメリカ人が何ごとか彼にささやくと、長髪ドアマンはロープを外し私たちをEの文字で掛け合わされたドアの中へ案内してくれました。

↓入店できるタイミングは、ドアマン次第だったりするんですよねぇ~。

My Big Apple

ホッとしてエレベーターで最上階へ向かったとき、とんでもない事実が発覚したのです・・。私、あろうことかNY夜遊びの通行証とも言える、IDを忘れて来ちゃったんですよ!!!ミニサイズのクラッチに変えたとき、財布が入らずデビットトカードしか持ってこなかったのが、運のツキ。エレベーター前でIDチェックしていたドアマンの前で凍りつきそうになったとき、私の友人が彼の知り合いのセレブの名前を語って救ってくれて事なきを得ましたが・・・。まったくおバカさんです。皆さん、IDは忘れちゃダメですよ~。

ようやく、BARに到着。中央部に広がるバーカウンターを左に曲がり、屋上へ足を運びます。しかし、夜の気温は背筋を震わせてしまうため、ビニールハウスのような囲いがかけられたまま。それでも、摩天楼きらめくマンハッタンに包まれながら飲むマティーニは最高☆酔いだけでなく、頬がポッとしてきます。

さすがホテルなだけあって、こちらは旅行客が多いですね~。私と友人が誰も踊っていないフロアでリズムと戯れていたせいもあって、話しかけてきた人々はほとんどNY市外に住む人々でした。金曜日とあって、出張帰りのサンフランシスコのITマンや、フィラデルフィアからの医療メーカー勤務などなど・・・。高層ビルが林立でお酒を煽ることが少ないせいか、彼らもこのホテルで飲むお酒が格別に美味しく感じられたようです。

↓観葉植物が飾られ、白いシフォンのカーテンに覆われた空間。

My Big Apple

週末でも、あくまでBARスタイルをつらぬくEmpire Hotelですから、音楽は鼓膜をつんざくボリュームではありません。それでも日本人にとっては大音量なので、大人の時間を満喫するには無理がありますが、火曜日のJazzナイトなら、ソファにもたれかかりながらスウィングを楽しめるかもしれませんね。

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>