アイアン・マン2、これぞTHEハリウッド映画☆☆

by • May 11, 2010 • GossipComments (0)1198

アイアン・マン2 、公開初週に鑑賞してきちゃいました☆もう一言で、ハマりまくりましたよ!!度肝を抜く映像だけでなく、あのロバート・ダウニー・ジュニアの人を食った演技っぷりがたまらない!!彼ってあんなイイ男でしたっけ・・・。アイアン・マンの第一作を見てなくっても、たっぷり楽しめました~。

もうなんてったって、あのナルシスト全開、かつ皮肉とジョークを忘れないクールっぷりに頭が下がります。製作者側のマーベルは、ロバートよりずっと若い俳優を起用するつもりでいたようですが・・・。ひょっとすると浅薄になりかねない自信満々なあの男性像に、ロバートはグッと奥行きをもたせましたよね。彼の年齢だからこそ味わい深さが醸し出されてます~。

↓ロバート・ダウ二ー・ジュニア。Good gene or good doc?と言われるはずです。

My Big Apple

米上院委員会での公聴会で、アーマースーツを政府に譲り渡すよう要請されながら、彼の言った台詞。これ、そんじょそこらの若者が言ったって、何の迫力も出ませんよ・・・だって「I have successfully privatized world peace!!!」ですよ??

またフカキョンのドロンジョ様なんて、足もとに及ばないくらいセクシーなスカーレット・ジョハンソン、観客の視線を釘付けにしましたよ~。身体の曲線があらわなタイトなスーツを着こなす秘書の彼女に、マティーニを手渡されながら「Is it dirty enough for you?」なんて質問されたら・・・心臓に鉄の破片が突き刺さってる主役のトニーじゃなくっても心臓が止まっちゃいそうでした!!さすがスカジョ・・・。

↓スカジョのしなやかなカーブは、ボディスーツでまた一目瞭然。

My Big Apple

で、ここでコボレ話。

スカジョが演じたナタリー・ラッシュマン=ブラック・ウィドウ、最初はプラダを着た悪魔のエミリー・ブラントが候補に上がっていたんです。しかしスケジュールの問題で立ち消えに。ジェシカ・ビールやジェシカ・アルバなどセクシー女優が選考されたものの、スカジョが惚れ込んで役をゲットしたそうな。

ロバートが演じたトニー・スタークの候補に挙がっていたサム・ロックウェルは、ライバルの武器生産大手ハマー社のCEOとして登場。インディーズにしか出演しない彼、チャーリーズ・エンジェル で見せてくれたスネ夫風演技が全開で、しかもあの時と同じく軽快なダンスまで披露してくれました~。

悪役で科学者の息子、イヴァン・ヴァンコに扮したミッキー・ローク、全身の入れ墨がイカしてました。またロシア訛りも完璧!!!33歳年下の彼女はロシア人ですが、もしかして、この役作りがロマンスのきっかけとなったんでしょうか・・・?ちなみに24歳の彼女、ミッキーのために婚約者を振ったんですよ!!!

↓ロシア人特有のハニーブロンドと、スカイブルーの瞳が美しい!!!

My Big Apple

この映画で驚いたのは、トニーの誕生日パーティーでDJをしていたこの人、DJAM。そうです。飛行機事故から奇跡の生還を果たしたものの、自ら命を絶ったあの有名DJです。マンディ・ムーアや二コール・リッチーなど、若手女優やソーシャライトと浮名を流したことでも、知られております。

確かトニーを演じるロバートが、「Goldstein, I need a fat rhythm」と言った瞬間、クィーンのAnother one bite the dustとロブ・ベース アンド DJ E-Z RockのIt takes twoをミックスしていたかと、記憶しております。彼の輝かしいミックス技をも堪能できるアイアン・マン2。ぜひご覧下さい。大人の会話の妙もあって、これ、コドモの映画じゃないです・・・。

↓DJ AM、NYでも大人気のDJでした。

My Big Apple

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>