ストリートで見かける、オモシロ日本語

by • May 14, 2010 • NY TipsComments (1)1205

「Are you Japanese?」と聞かれるとき、大体ニコニコして聞かれることが多いです。NYに長期出張する同僚をJFKまで迎えに行くため、タクシーに乗っていたときもバックミラー越しいっぱいに浮かぶスマイルで尋ねられました。イエスと答えると、目じりを下げつつ「I love Japanese…They’re always smiling and sweet」とスペイン語訛りで答えましたっけ。また「I never have any problems with Japanese」と言いつつ、日本人は大歓迎だとおっしゃってくれました。うれしいことです。

6カ国語を操るベラルーシ人の友人も、「I love Japanese」と豪語する一人。特に日本語のトーンが好きらしいんです。中国語や韓国語は音のボラティリティが激しいせいか、アジア圏の言語をおぼえるなら「Definitely Japanese!」と答えます。

そんな大人気のジャパニーズ、セレブの間でもよく見かけますよ。例えばこれ、ショーン・ウィリアム・スコットとポール・ラッドのコメディ俳優がダブル主演した映画Role models 。ここでなぜか、ショーンは「戦争は終わった」とデカデカ書かれたTシャツを着用してます。実はここから、刑務所入りを免れるためのボランティア活動を通じ、小学生の子供との戦いが始まるわけですが・・・・。

↓「戦争は終わった」っていうのは、あえて映画では逆説だったり?

My Big Apple

なつかしいところでは、90年代に大活躍したスパイス・ガールズ。メンバーのメラニー・Cはスパイス・ガールズの代名詞「ガールズ・パワー」をそのまま直訳した「女力」をガッツリ刺青してましたね。

↓今となっては、一児の母であるメル・C。でもその右上腕部には・・・。

My Big Apple

NYストリート歩いていても、オモシロ日本語に頻繁に遭遇します。大抵は、ストリートのTシャツに代表されてまして、この前は「仏居酒屋」のお店のTシャツを着た白人男性を見かけました。日本のお店だったらしいので、意味は間違ってなかったんですけど・・・。

これには歩いていて、爆笑しそうになりました。

My Big Apple

スーパードライってこんな訳し方がありえるんですね~。でも、なんでしなさいが()に括られてるんでしょうか??ちなみにこちら、2003年に誕生した英国のブランド。ビンテージ風味が人気で、何とデビッド・ベッカムが愛用していることでも知られてます。

↓Osaka Tでキメキメ☆のベッカム様。

My Big Apple

そして。うちの近所の韓国街、K-townを歩いていて、思わず笑ってしまうのが韓国サロンの「Japanese Extenstion, Japanese Hair Straightening」。どうも日本のエクステとストパって、NYのアジア人における知名度、相当高いようですね。それだけ日本の技術力の評価が高いということなんでしょう。でも、これは・・・。

My Big Apple

ストッキングの命である「サポート力」だけ、なぜか日本語で書かれてるんですが・・・間違えてます。間違えたアピールです。あ、アネ。ールかな・・・・。

Comments

comments

Pin It

Related Posts

One Response to ストリートで見かける、オモシロ日本語

  1. Mayuka.S says:

    SECRET: 0
    PASS:
    残念!(笑)ウケる
    でも、日本人も変な外国語のTシャツ着てるしね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>