NY州予算最終案は、もりもり増税案てんこもり~

by • July 10, 2010 • NY TipsComments (0)357

NY州議会は629日、2011年度予算案の最終案を可決させました。これがコストカットと増税コミコミですごいんですよぉ~。州民に痛み分けを強いる、非常に厳しい内容です。



施行済みの増税で特出すべきは、タバコ税。1箱当たり2.75ドルから4.35ドルと、1.6ドル引き上げました。これにより、NY市税分を合わせたタバコ税は従来の4.25ドルから5.85ドルに増税され、ウォールストリート周辺でのマルボロ・ライト1箱の値段は約12ドルと全米で最高となってます。



↓W街では最安のタバコでも11ドル。この下は8ドルって書いてた気が。
My Big Apple

喫煙者である私の日本人の同僚は、知らずにタバコを2箱買って、目を丸くした一人。施行前にタバコを買いに出かけたとき、売店主から話しかけたらしいんですが英語ができなんで「突然何か言われて分からなかったけど、わざわざ値上げを教えてくれていたんだなぁ」と振り返ってましたよ。


タバコ税の引き上げで、年間2.9億ドルの税収増が見込まれるようですが、一方でブルックリンに住む友人いわく「州外でタバコを購入したり、闇市を探したり、抜け道はあるからね~」と鼻白んでます。


タバコという嗜好品以外でも、増税の長い手が市民の肩に伸びつつあります。服飾・靴類を購入した場合、これまで110ドル以下であれば州からの消費税率4%は課されていませんでした。しかし101日をもって優遇策は中断されます。20113月末までの暫定措置となる見通しですが、適用は55ドルまでと引き下げられるんですよ。20124月からは、消費税免除の金額は110ドルへ修正される予定とはいえ・・・嗚呼、これでまたお洋服が買えなくなってしまいます、トホホ。消費税免除の中止によって、年間で3.3億ドルの歳入が見込まれるといいますが・・(涙)


↓ますます、SOHOが遠のいてしまいます・・・。

My Big Apple


搾り取れるだけ搾り取る気満々のNY州、恐るべし増税はこれだけで終わりませんよ。ニューヨークと言えば古くは「恋人たちの予感」から、最近ではメガヒット作「アイアン・マン」まで、映画のシーンに登場することで知られますよね。毎年公開されるハリウッド映画作品中、ほぼ一貫して20作品以上もの舞台に選ばれるほどの映画都市です。州政府、ここに着目。



ニューヨーク映画・劇場・ブロードキャスティング市局(MOFTB)が発表したリリースによると、新規プロジェクトの撮影関連に対し、711日をもって300ドルが徴収されるんです~。撮影査定、撮影セット組み立て、撮影活動にわたって税金が掛かることになります。MOFTBwebサイトでは「NY市の財政悪化のため」と断りつつ、製作側に理解を求めている。無料だった撮影費に300ドルずつの負担が強いられれば、制作コストを圧迫することは間違いなく、スクリーンからNYの風景を鑑賞する回数は減少しちゃったりして。



↓SATCのプレミア風景。課税前で、セーフでしたねぇ~。


My Big Apple


Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>