政治の茶番劇で911のヒーローは泣き寝入り

by • August 15, 2010 • NY TipsComments (0)705

私のお仕事アーカイブ



※普段仕事で書く原稿を時間差をおいて更新したものです。いつもと全然違いますので、あしからず。

~財政赤字局面では、医療賠償勝ち取れず~

NY同時多発テロ事件が発生してから9年、人々の脳裏にあの頃の記憶が新たに呼び起こされている。7月29日、米下院で同時多発テロ事件で救助活動に当たった消防隊員や建設労働者などを対象とした医療費全額負担をめざした法案が廃案に追い込まれたためだ。通過を進めてきた民主党だけでなく、後遺症に苦しむ犠牲者にとって痛恨の否決となった。財政赤字の拡大に異議を唱える共和党の反対が痛手となったように映るが、実は中間選挙をにらみ「政治的な犠牲を強いられた」(ワシントン筋)との見方も根強い。

911後遺症の医療負担を強いられるNY市民の怒り

7月29日、米下院でジェームズ・ザドロガ同時多発テロ事件・医療賠償法案(略称:ザドロガ法案)が否決された。米下院435議席のうち民主党253議席、共和党179議席が占めるなか、民主党主導で採決が進められたものの、採決に必要な3分2に相当する255票に達しなかったためだ。同法案は、ザドロガ氏というNY市警の名前に由来する。彼は事件から約5年後、グラウンド・ゼロでの救助活動がもとで亡くなっており、悲劇のヒーローの象徴とされている。

否決された後、米下院議員の演壇にニューヨーク州選出のアンソニー・ウェイナー議員が立ち上がった。彼はこぶしを振り上げ、共和党を糾弾。NY時間4日午前中時点の無料動画配信サイトYoutubeでは、ウェイナー氏の抗議画像は54000回に及ぶ再生回数となっていた。

廃案に憤慨した同時多発テロ事件の犠牲者も、ウェイナー氏に追随し8月1日の日曜にグラウンド・ゼロに集結。犠牲者が結成したフィール・グッド基金のメンバーはトレードマークである赤いTシャツに身を包み、夏期休会明けの6週間後ワシントンで大々的な抗議活動の決起を誓い合った。事件当時グラウンド・ゼロから1駅ほどしか離れていないオフィス・ビルにいた通信エンジニアのアンドリュー・ベンジャミン氏も、廃案の報道に対し「共和党が始めた湾岸戦争のツケを同時多発テロ事件で払わされたニューヨーカーは、医療費負担まで強いられるのか」と怒りをあらわにしていた。

↓911の被災地では、勇敢にも警察官や消防隊が活躍したのですが・・。

My Big Apple

法案否決は、民主党・共和党ともに実り多く

各報道では共和党のうちわずか12名しか賛成しなかったことが、敗因として報じている。しかし、ワシントン筋は「民主党は本会議での修正などを認めない特別な手続きをとったため、本会議での採決に3分の2の賛成が必要になってしまっていた」と明かす。民主党の議席数が共和党の議席数を大きく上回るにも関わらず、過半数を取れば通過できる手段を選ばなかったことが「裏目に出た結果」(同)というわけだ。

中間選挙を控え同法案に修正案を盛り込まず通過できる、という民主党幹部の読みが甘かったのかもしれない。十分な審議を経ず夏期休暇入り前に採決へ持ち込んだことは、ずさんと言えなくもない。ザドロガ案が10年間で74億ドルという膨大な支出だという点を踏まえれば、共和党の大勢が反対することは目に見えていた。しかも税源は非課税地域で法人化した多国籍企業の収益とあって、共和党は「新たな大規模政府給付金プログラム」と批判。実質的な企業向け増税である上に、米国内での雇用の喪失につながるととして反対を唱えていただけに、3分の2での通過は容易とは言い切れなかっただろう。

ここに、今回の否決のカギが潜む。民主党にとっては、同法案の否決を共和党の責任として非難することが可能となる。一方で共和党にとっても、夏期休暇入りを控え可決にあせった民主党の敵失として攻撃することができる。双方が政治的な計算を駆使し、茶番劇を用意したとしても、おかしくはない。同時多発テロ事件の英雄は政治的な駆け引きの駒として利用され、法制化への市民の努力は水泡へ帰してしまった


追い討ちをかけるように8月3日、歴史建造物保全委員会はグラウンド・ゼロ近くのモスク建設を全会一致で支持した。犠牲者にとっては、悲痛な決定が続いている。
 

↓モスク建設に、断固として抗議するニューヨーカー。

My Big Apple

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>