DOMAなのか、DOGMAなのか

by • February 27, 2011 • NY TipsComments (0)324

オバマ米大統領は23日、クリントン政権時代である1996年に成立した連邦法「婚姻擁護法(Defense of Marriage Act=DOMA)」に対し、違憲だとの判断を下しました。今後は政権として、「結婚は男女間のみに成立する」と規定する案を合法ではなないとの認識を明らかにすると宣言したかたちです。エリック・ホルダー(Eric Holder)米司法長官が発表しました。

↓DOMA、真ん中にGODの「G」を加えればDOGMA。各宗教・宗派独自の教理・教義のほか、独断や 教条を意味する言葉に早代わり。

My Big Apple

カリフォルニア州で2010年8月に同性婚の違憲判決が覆され、ゲイ・マリッジが合法化されたこともあり、突然というわけでもありませんでした。でも、「なぜいま???」とクビを傾げたのは私ばかりではないでしょう。共和党のベーナー米下院議長も、声明で

「While Americans want Washington to focus on creating jobs and cutting spending, the President will have to explain why he thinks now is the appropriate time to stir up a controversial issue that sharply divides the nation」

→アメリカ国民が政府に雇用創出と支出削減を求めている一方で、大統領はなぜ深く国を分裂させる議論に火を点けるべきと判断したのか、説明すべきだ

私、別にベーナーさんのファンでも共和党寄りでもないですが・・・。確かに、謎です。2012年の大統領選の布石としてなのか、それともビジネス寄り→中道寄りスタンスの微調整なのか。個人的には、ウィスコンシン州をはじめとする州職員VS共和党知事で米国で巻き起こる議論に、新たな火種を炊きつけたようにも見受けられますが、皆さんどう思われますか?

↓赤字の溢れる米州政府。10-12月期GDPの政府支出が下方修正されたのも納得。

My Big Apple

各報道によりますと、DOMAは米連邦裁判所が無効とするか、もしくは米議会が廃止案を可決するかの2つに1つなんです。つまり共和党が米下院で優位に立つ限り、米議会での廃案は不可能に近い。あとはホワイトハウスが違憲判決を裁判所に下せるよう、違憲訴訟を継続する選択肢が残りますが・・・。共和党の放送局FOXは、もちろんこの決定に飛びつき、オバマ氏は米大統領の権限をフル活用し、憲法を手のひらでもてあそんでいると批判。オバマ氏のファースト・ネームにちなんで、「ムバラク・オバマ」とまで言い放ちました。さっすが辛らつですな・・。

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>