カーネギー・ホールも、日本を応援!!

by • March 21, 2011 • NY TipsComments (0)214

カーネギー・ホールと言えばご存知、NYがお届けする最高峰の芸術の殿堂です。実は2010年9月-12月、そして年明けの2月-4月にかけ、二部構成でJapan NYC と題した日本の音楽シーンの今をつたえるふぇスティバルが開催されていたのですよ。

第二部は2月前半に一度プレイベントを開催した後、奇しくも大震災が発生してわずか3日後の3月14日から本格的にカーネギーをはじめとしたNYの舞台を飾ります。ボストン交響楽団の音楽監督を長きにわたって勤めた小澤征爾氏が芸術監督に就任し、イベントを盛り上げるのですよ。彼は「50年、30年前の日本ではなく、『今』の日本を伝えたい」と抱負を語っていますね。

↓小澤氏のコラージュがオサレな、Japan NYCのサイト。

My Big Apple

大震災の後なだけに、ページには一面に

■JapanNYC is dedicated to the victims of the earthquake and tsunami in Japan.

Everyone at Carnegie Hall and at all of its JapanNYC partner organizations was deeply saddened to hear the news of the devastating earthquake and tsunami that struck Japan on Friday. While plans for our JapanNYC festival proceed, we offer our thoughts and prayers to those affected. At this incredibly difficult time, we feel it is particularly important to pay tribute to Japan and its people through these festival events.

—Clive Gillinson, Executive and Artistic Director

とカーネギーを代表するお悔やみ、お見舞い、お祈り送るとともに、イベント成功へのやる気をみなぎらせておりました。

またメッセージのすぐ下には「How to help」と銘打ち、募金活動を手掛ける団体のホームページを紹介しております。それだけではありません。例えばチケットをオンラインで購入する場合、支払い画面には寄付金を書き込みする枠まで用意されておりました。募金の行き先は書かれていませんでしたが、世界の最先端で活躍する日本人のミュージシャンの演奏で、さらに日本への意識を高め義援金の拡大につながることを期待します。

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>