味覚の旅人のオアシス、Degustation

by • June 16, 2011 • Restaurant ReviewsComments (0)256

イーストビレッジにひっそりとたたずむこの場所は、Degustation 。きっちり住所と最寄りのストリートを覚えていないと、うっかり見過ごしてしまいそうなほど、主張しないレストランです。

オバマ米大統領がプライベート・エクィティやヘッジファンドのマネージャーと献金目当てに集うDaniel ほどの壮麗さはありませんが、カウンターだけながら異彩を放つ空間は初めて訪れる者からリピーターを魅了してやみません。

↓エキゾチックなアジア系のウェイトレスが、コスモポリタンな店にマッチしてるんです。

My Big Apple

一品一品が繊細かつ厳格な職人の技がほどこされ、ひと口ひと口に陶然としてしまいます。カウンターの中でおのおののシェフが腕をふるってくださり、それぞれが出来上がっていく過程を眺めるのも、一興。匠の自信があってこその設計に、食べるのが待ち遠しくなること限りなし。

↓ご覧の通り、真摯な面持ちで料理に向かうシェフを眺めることができます。

My Big Apple

単品でオーダーするのもオツですが、たっぷり味わいたいあなたには、コースがおススメ。それぞれアペタイザー式で9品登場するディナーは、結婚記念日やロマンチックなディナーを堪能したいあなたにオススメでございます。

↓私は舌に溶け込むウニで、我を忘れました。
My Big Apple

席数が限られておりますゆえに、予約が大変。週末にもなると、1ヵ月待ちもかくやといいます。隠れ家的なムードがまた、秘密の匂いに敏感な人々のココロをくすぐるのでしょうね。

↓これは外せません、フォアグラ。どうぞ世界3大珍味を、みらい全開で味わって下さい~。

My Big Apple

フレンチ・タパスと銘打ちながら、日本のウニをはじめ世界の美味をふんだんにあしらう料理達に、ハートだけでなく胃袋まで射抜かれることまちがいありません。Degustation=「おいしく味わうこと」を冠するだけに、自らにとって至高の味を求める旅人のオアシスと言えるでしょう。

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>