歩行しやすい都市ナンバー1のNYだからできる!フィットネス

by • September 15, 2011 • NY TipsComments (0)228

NYの地下鉄に乗っていて、思わず吹き出してしまいました。だって、こんな広告が掲載されていたんですもの。
↓女神とは思えぬすばらしい筋肉で、説得力あり?
My Big Apple
お金がないからワークアウトしない、という方々のためにNY市はBefitnyc.comというwebサイトで市内でできるフィットネスを提案してるんです。たとえば自宅から地下鉄に乗って通勤・帰宅するときのエクササイズは、こちら。
1)目的地のひとつ前で下車→10分
2)階段を使う→5分
3)ランチを早足で往復→20分
4)目的地のひとつ前の帰宅→10分
これだけで、45分のワークアウトの出来上がり~♪日本でも、こんな地道な努力を続けているサラリーマンの方、いらっしゃるのではないでしょうか。
NYが地下鉄にワークアウトを推奨するのは、もちろん肥満率の高さが問題だから。トラスト・フォー・アメリカズ・ヘルスとロバート・ウッド・ジョンソン・ファウンデーションの調査でNYの肥満率は、全米50州のうち41位の24.7%。下から9番目ですから、スリムな方が多いというもの。それでも、成人人口のうち20%以上を占めると考えると、低いとはいえないでしょう。巨大な財政赤字を抱えるなかで医療負担がさらに財政を圧迫するだけに、NY市は喫煙だけでなく、肥満対策にも本腰を入れたというわけです。
↓市内でワークアウトなんて、ジムで汗を流す手間が省けて便利!!


My Big Apple

こんなエクササイズができるのも、NYならでは!!だってNYはご存知のとおり地下鉄をはじめとする公共輸送機関で通勤・通学できる全米で数少ない都市ですもの。ウォークスコア(100点満点)でも、2011年版で栄えあるナンバーワンをゲットしました!!以下、ベストテン。こうしてみますと、イーストコーストが圧倒的!全米で肥満率の高いミシシッピ州をはじめとした南部は、やっぱり皆無です。歩くって、ホントに大事なんですね~。
1位 ニューヨーク 85.3
2位 サンフランシスコ 84.9
3位 ボストン 79.2
4位 シカゴ 74.3
5位 フィラデルフィア 74.1
6位 シアトル 73.7
7位 ワシントンDC 73.2
8位 マイアミ 72.5」
9位 ミネアポリス 69.3
10位 オークランド 68.2

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>