無料でマンハッタンのホテル宿泊 at Wホテル

by • September 20, 2011 • Out & AboutComments (0)351

無料でマンハッタンのホテルに滞在する機会に恵まれ、Wホテルに1泊ツアーです!NY生活6年半にもなるのに、まだまだ数々のNY体験を成し遂げていない私。実はシティのホテルに宿泊するのも、は・じ・め・て・・・。今のアパートメントに引っ越す前は32丁目と5aveのど真ん中だったとはいえ、経験しないには余りにも惜しい。というわけで、喜色満面でパッキングして、いざレキシントン・アベニューと、49丁目にそびえるWホテルを目指します!会社が近いと言われても、全然気にしません!!!
↓エントランスに足を踏み入れて気づく、ウェルカムの文字。

My Big Apple

午後7時にチェックインして、カードキーをもらってエレベーターに乗り込みます。ボタンを押しても、目的地のフロアが点灯しない・・・と思ったら、カードキーを差し込まなきゃボタンが作動しないんですね。さすが、セキュリティ万全でした。
11階に到着して、お部屋にカードキーを差し込みます。1泊450ドルのシティのホテルはどんなものかと期待に胸を膨らませ、ドアを開けようとすると・・・開かない!!クェスチョンマークが頭にぴょこんと浮かんで当惑していると、ちょうど周囲を通りかかった清掃員の女性いわく「The room is occupied」。ご親切にマスターキーを使って確認したところ、確かにお荷物が転がっていました。Wホテルはいわゆる日本でいうシティホテルのはずなのに・・・さすがアメリカ、サービスが雑です。
フロントデスクで事情を説明したところ、案の定最初に対応してくれた受付の女性、間違えた部屋番号を渡していたのです。簡便して下さい!!!気を取り直して、お部屋に向かいます。
扉を開けると、そこは・・・・・・・モダンです。いやWホテルなだけに、幾何学的モダンの髄が施されています。私好みですよ。でも、でもでも・・・・狭いんです!!!ベッドはクィーンズサイズでしたが、どうみてもお部屋は6畳1間のワンルーム!!NYの高級ホテルともなれば、1泊600ドル以上でも当たり前ですから、450ドルだとこんなもんなんですね。
↓壁には「Does size matter?」なんてジョークとともに、Wifiで最大限のおもてなし、という文句がありました。
My Big Apple
しかもお部屋にスリッパはなし。歯ブラシや歯磨き粉はオプション・サービスでした。アメニティでそろってあるかと思ったら・・・歯ブラシを携帯してきて、よかったですよ。
Wホテルの面目を保つために付け加えますと、NYをはじめて訪問する方にはうれしいサービスがついてございます。実は、カーサービスで、あなたをセレブ気分に包んでくれるのです!車はWホテルの親会社スターウッドが提携するホンダの高級車部門、アキュラのSUV。一段高い目の位置で、マンハッタンのストリートを目的地まで堪能できますよ。
お出かけする前には、フロントで一杯でしょ。私は照明トーンが目に優しく、フューチャリスティックに幻想的な水族館を思わせるラウンジで、お出かけ前のウォームアップ。喉を通るテキーラを心地よく感じられ、体温とともにテンションも徐々に上昇気流に乗っていくのを感じます。もう1杯、と思うくらいがちょうど良い。ヒールをさばいて、SUVに乗り込んでレストランへ出発します。
↓ラウンジでひと息ついたら、美食への旅へ出掛けましょ。
My Big Apple

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>