photo 1

NYFRA、奨学金授与の舞台はNY最古のパブで

by • July 3, 2012 • Out & AboutComments (0)352

約1年ぶりに、ニューヨーク金融記者協会の会合に参加してきました。会合とはいっても、火曜の仕事上がりですから、当然場所はビールで疲れた身体を癒せるように、パブ!!今回は協会提供の奨学金授与式を兼ねていたので、晴れ舞台にふさわしく、創業が1864年にさかのぼるNYの最古を誇る名店「ピーツ・タバーン(Pete’s Tavern)」です。
↓グラマシー・パークの傍に威風堂々と建ちます。

My Big Apple

 

約1年ぶりなだけに、2階のパーティー会場に足を踏み入れたときは、ぜーんぜん知らない年配の方々が数人いらっしゃるばかりで、シャイな私にはかなり手強いムード・・・。皆さん、勝手知ったる仲間同士で談笑し合っており、完全ストレンジャー風の私は立ち居地に困って壁を覆う来店した有名人の写真を見つめるばかりでした。
まもなく20代と思しき女性をつれた男性の2人組が2組登場されたときには、思わず駆け寄ってしまいましたよ。しかし、私はこのときちょうどトイレに立って手を洗った後。握手するのをためらって「今手を洗ったばかりで濡れているんです」なんて、弁明したところ、ロシア系アメリカ人の女性は「大丈夫よ私も手を洗ってくるわ」と機転を利かして下さいました。利発な女性だと思ったら、なるほど。彼女こそ今回奨学金を受け取る栄誉に浴するニューヨーク大学の学生さんだったんです。しかも、泣く子も黙るウォールストリート・ジャーナル紙傘下の金融市場サイト、マーケットウォッチでインターンをしていらっしゃいました。
↓中央の黒板で微笑む写真には、ブラピ+アンジーにジョニデの3大スターがニッコリ。
My Big Apple

今回選ばれた学生は、ロイターやブルームバーグをはじめ大手金融情報ベンダーでインターンの座を勝ち取った10名。、すでに他からも奨学金をいただいてる精鋭ばかり。面白いことに、なぜか女性が圧倒的で男性はたったの1人でした。男性陣は記者職よりも、どっぷりウォールストリートに漬かった職種を選ぶんでしょうかね・・。

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>