121025110827-hurricane-sandy-t1-7a-horizontal-gallery

フランケンストーム、100年に一度の衝撃がNYを襲う?

by • October 28, 2012 • Latest News, NY TipsComments (0)903

Hello Halloween, And Sandy.

ハロウィーンを控えた週末、ストリートは仮装した人々を数多くみかけました。

私の友人方も、フェイスブックにご覧の写真をアップロード。

気合いが入り過ぎて、もはや仮装を超える勢い!

嵐の前の静けさを利用して、ハロウィーンを先取りしているのはいうまでもなく。

なぜなら・・ハロウィーン直前の30日、NYをはじめニュージャージー州やコネティカット州などトライステート・エリアをハリケーン「サンディ」が直撃する危険が迫っているから!オバマ米大統領はハリケーン「サンディ」の脅威を警戒し、スウィング・ステートで知られるヴァージニア州の29日の訪問をキャンセルせざるを得ませんでした。だって「サンディ」は現時点でこそ「カテゴリー1」に分類されるものの、西からの強い寒冷前線と一体化して100年に一度の未曾有の「パーフェクトストーム」、あるいは「フランケンストーム」へ勢力を巨大化させるリスクが潜んでいるんです。

NY時間27日の午後11時での予報は、以下の通りです。

 

ニューヨーク州を含むトライステートをはじめ、ワシントンD.C.やメリーランド州などは、すでに緊急事態を宣言。NY市内の交通システムを管理するMTAは29日、午後7時から運行を停止すると決断しました。風速が毎時130km、1時間に5-10インチ(127mm-254mm)もの降雨量が予想されるなかでは、当然ですね。

カリブ海地域では、死者は約40名。ご覧のような爪あとを残していきました。

床上浸水どころか、暴風による被害も予想されます。

金融機関をはじめ各社も、コンティンジェンシー・プランを発動。私が通うオフィス自体もビル閉鎖を余儀なくされるため、ビルの管理会社がホットラインを設けていました。ハリケーンを警戒し、ニューヨーカーは食料の買い出しにも出かけたようで、スーパー大手ホールフーズの行列がいつもより長かったのも、納得です。しかし・・・去年のハロウィーンは南北戦争時代、1869年から4度目という異例の降雪に見舞われ、今年はフランケンストームですか。確かにハロウィーンといえばゴーストですが、NYはここのところたたられているかのようです。

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>