4670073-capitol-hill-in-washington-dc

2013年、アメリカ政界での勝者と敗者は?①

by • December 23, 2013 • Latest NewsComments (0)850

Politics In 2013 : Winners & Losers.

2013年はワシントンを舞台に、数々のドラマが繰り広げられました。

1月
・「財政の崖」合意に伴い給与税減税の終了、富裕層向け所得税に始まりキャピタル・ゲイン税、配当税、遺産相続税を引き上げ
・米下院が連邦債務の上限を5月半ばまで引き上げ

3月
・強制歳出削減の始動

4月
・AP通信のツィートでホワイトハウスにて爆破事件が発生しオバマ米大統領が負傷したとの偽情報が流れる

5月
・債務上限到達も、レーバーデー明けまで財務省が特別措置を実施

6月
・エドワード・スノーデン元職員による告発で、NSAによる監視プログラムが発覚
・最高裁判所、男女間のみの婚姻関係しか承認しない結婚防衛法(DOMA)に違憲判決

8月
・シリアが化学兵器使用、米国による軍事介入への緊張高まった後で9月にかけ外交的に解決

9月
・暫定予算および債務上限協議こう着、共和党は医療保険改革施行の削除を狙う

10月
・1-16日まで政府機関の閉鎖
・26日の米上院補欠選挙にて、ニューアーク市長のコーリー・ブッカー氏が当選
・医療保険改革向けサイトに障害相次ぐ

11月
・地方選、ニュージャージー州知事は共和党の現職が勝利、マサチューセッツ州は民主党の新人が勝利、NY市長も民主党の新人が勝利

12月
・超党派による2年間の予算案で合意、米上下院も可決

2013年をざっと振り返ったところで、全米発行部数1位に輝くUSAトゥデー紙が選ぶ政界の勝者・敗者をみてみましょう。

まずは勝者から。

▽ジャージー・ボーイズ
ハリケーン「サンディ」を乗り越え、ニュージャージー州の政治家お2人にとって13年は飛躍の年になりました。NJ州知事として再選を果たしたクリス・クリスティ知事は2016年の大統領選出馬の色気をちらつかせており、今後も目が離せません。もう1人はニューアーク前市長のコリー・ブッカー米上院議員。火事で炎に包まれる隣家に突入し女性を救出したヒーローでもある彼は、10月の補欠選挙で国政入りを果たしました。この方も2016年の大統領候補として早くも下馬評に上がりましたが、ご本人は否定しております。

党派は違っても、2人の目線は市民レベル。
jersey boys
(出所:USAToday)

▽女性の米上院議員
10月の予算協議でスーザン・コリンズ議員(メイン州、共和党)が妥結案を提示するなど事態打開に奔走したほか、年末の超党派・予算特別委員会ではパティ・マリー議員(ワシントン州、民主党)が共和党のポール・ライアン米下院予算委員長とともに2年間の予算をまとめ上げました。
他にクリステン・ギルブランド議員(NY州、民主党)とクレア・マッカスキル議員(ミズーリ州、共和党)、米軍内でのセクハラ問題と司法改正に互いの立場から尽力し、注目を集めたものです。

ワシントンD.C.、安倍首相が提唱するウーマノミクスを先取り?
women in senate
(出所:USAToday)

個人的には、番外編としてテキサス州上院のウェンディ・デービス議員を挙げたい。フィリバスターで女性に不利な中絶禁止法の通過を阻止した勇気ある女性です。

▽ポール・ライアン米下院予算委員長(ウィスコンシン州、共和党)
2012年大統領選では副大統領候補として敗北したものの、10月の暫定予算と年末の予算案合意の立役者。

▽テッド・クルーズ米上院議員(テキサス州、共和党)
10月の政府機関の閉鎖前、医療保険改革を盛り込んだつなぎ予算の審議にフィリバスターを行使したことで全米にその名を轟かせました。21時間19分もの議事妨害は、歴史上4番目の記録です。当初は共和党内からも批判を浴びましたが、知名度急伸で結果オーライでしょう。

▽ブッシュ前大統領
大人気トークショーに司会者の似顔絵を持参して登場し、人間らしさをふんだんにアピールして表舞台への復活を遂げた前大統領。現職の大統領を批判しないスタンスに反ブッシュ寄りだった人の心も折れ、ギャラップで好き嫌いが逆転するなど好感度アップにつながりました。

(カバー写真: 123rf)

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>