FURIOUS-7

”ワイルド・スピードSKY MISSION”、10億ドル突破で歴代7位に

by • April 19, 2015 • Gossip, Latest News, NY TipsComments Off9784

‘Furious 7′ Speeds Up To Top 10 Highest Grossing Movies Of All Time.

ストリート・カーレースにアクションをふんだんに盛り込んだ大ヒット映画ワイルド・スピードシリーズ最新作”ワイルド・スピード SKY MISSION(Furious Seven)”、公開から3週を経てもフルスロットル状態です。ナンバー1の座を維持し、遂に全世界で興行収入は10億ドルを突破しました。

アメリカで2億9440万ドル(約350億円)、67カ国・地域で8億5830万ドル(約1030億円)を叩き出し、合計11億5000万ドル(約1380億円)を稼ぎ上げております。制作費1億9000万ドルのところ、封切りからたった3週でシリーズ第7作目にふさわしく歴代興行成績ランキング7位に躍り出ました。制作会社ユニバーサル・ピクチャーズにとっては、103年の歴史のなかで過去最高を記録しています。

歴代興行成績ランキングは、以下の通り。

1位 アバター 27億8800万ドル 2009年
2位 タイタニック 21億8680万ドル 1997年
3位 アベンジャーズ 15億1860万ドル 2012年
4位 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2 13億4200万ドル 2011年
5位 アナと雪の女王 12億7990万ドル 2013年
6位 アイアンマン 3 12億1540万ドル 2013年
7位 ワイルド・スピード SKY MISSION 2015年 11億5270万ドル
8位 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 11億1200万ドル 2003年
9位 007/スカイフォール 11億860万ドル 2012年
10位 トランスフォーマー/ロストエイジ 10億9140万ドル 2014年

映画ファンの皆さまはご存じの通りこちらの映画、2013年11月に交通事故で死亡した主役の1人である俳優ポール・ウォーカーの遺作となります。フィリピン台風”ハイエン”の救済支援イベントヘポルシェ・カレラ GTで向かう途中、帰らぬ人となってしまいました。当時、センショーナルなニュースにフェイスブックをはじめソーシャルネットワークで彼の死を悼む声が世界中で聞かれたものです。共演者のベン・ディーゼルやタイリース・ギブソンの衝撃を隠せない様子も、人々の心を打ちましたよね。

タイリースのFBプロフィール写真は、あれからポールとの2ショットです。
tyrese
(出所:Tyrese Gibson/Facebook)

わずか40歳で亡くなったポールの面影を見るべく、世界中から多くのファンが映画館に駆けつけたに違いありません。

【追記】

映画”Furious 7(ワイルドスピード SKY MISSION)”の大成功に酔いしれる間もないうちに、シリーズ8作目の公開が2017年4月に決定したそうです。ユニバーサル・ピクチャーズ、将来的には主役を次々に変えていく ”007”シリーズ化も検討したり?

(カバー写真:capitalfm)

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Comments are closed.