ダウ平均、何とリーマン・ショックの下げ幅を超えて1000ドル安!!!

by • May 7, 2010 • NY TipsComments (2)1477

どえらい相場になりました・・・。日本の皆さま、起床されて目を疑ったのではないでしょうか。

ダウ平均、何と一時998ドル安の9869.62ドルまで暴落




しちゃったんですもの・・・。



↓ダウ平均が980ドル安を示現した、決定的瞬間!!!


My Big Apple

ランチ後の歯磨きのためNY時間は午後2時前に席を外し、5分後くらいに席に戻ろうとすると同僚から悲鳴が聞こえたんですよ。さらに、弊社のETFチームである傭兵軍団(ノン・ジャパニーズ陣)からも、雄叫びとFワードが飛び交ってまして。

あわててブルームバーグをチェックすると、わずか10分弱でドル円は91.60円台から90円割れを迎え、あれよあれよという間に、90.50円、90.00円のストップをスルー。最終的には一時87.95円まで年初来安値を更新しました。

そしてダウ平均!!!

市況を書こうと思ったら、こちらも瞬く間に下げ幅は400、500、600、700、800、900ドルを超え・・・阿鼻叫喚の1000ドル近い暴落を示現しちゃったわけです。ホント電光石火のごときスピードでした。ちなみに下落率は一時9.9%安で、こちらも87年以来で最大です。ありえない・・・・。

↓トレーダーさん、呆然自失となったのでしょうか・・・。

My Big Apple

暴落過程では、財政緊縮案が可決を受け、暴徒化するギリシャ国民の映像がリアルで映し出されてました。米大手金融機関の債券トレーダーも「あれでしょ?緊縮案の通過でギリシャが大荒れになってるからでしょ?」と指摘していましたっけ。でも、それだけじゃないはず・・・。

で、結局。

フタを開けてみれば、米大手金融機関のミスオーダーで・・・。何でも、ミリオンをビリオンと間違えてオーダーしちゃったみたいです。うちの株式アナリストの推測によると、P&Gとアップルに誤発注が入ったようで、P&Gは一時37%安、アップルも20%安まで南無阿弥陀仏だったとか。かつ個別銘柄を売った分、S&P・Eミニをヘッジで160億ドル近く売ったせいで、指数が沈没しちゃったみたいです。なおニューヨーク証券取引所は、ちゃんと暴落に際し「取引所のテクニカル・エラーではありません!」とアナウンスしてました。

ダウ平均がリーマン・ショックの下げ幅を超え、1987年以来の約1000ドル安を示しちゃったせいで、私、思わずFacebookでも実況中継しちゃいましたよ!!!

すると早速、「like」が2個つき、かつコメントも

「you worry too much…you should buy the markets everything is cheap :)…Don’t worry about what is going on in Greece…」

「It’s the perfect time to buy cheap and sell big!!!!」

と書き込まれました。勤務中なのに(←私もですが)みな、マーケットに興味あるってことですかね・・・。いやはや、今日は一気に疲れましたよ。実況中継してるだけでこんなになるなんて、トレーダーの皆さまは灰になっちゃったんじゃないでしょうか・・・。皆さまの体力に尊敬です、はい。

Comments

comments

Pin It

Related Posts

2 Responses to ダウ平均、何とリーマン・ショックの下げ幅を超えて1000ドル安!!!

  1. takanmsc says:

    SECRET: 0
    PASS:
    アップルじゃなくてアクセンチュアでは?
    16milを16bilはrumorなのであまり宛にならない数字ですよ。

  2. saw81210 says:

    SECRET: 0
    PASS:
    わざわざコメントいただき、誠にありがとうございます。
    ちなみに、アクセンチュアは99%安となりました。アップルの下落率は当時、その時間中に確認させていただいた数字です。またミスオーダーがあった銘柄と断定しておりませんので、ご留意下さい。
    160億ドルという数字につきましても、市場関係者からうかがった数字でございます。
    コメントいただき、重ねてお礼申し上げます。ありがとうございました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>