フランス料理学校直営レストランは、伝統的な味が魅力

by • January 21, 2011 • Restaurant ReviewsComments (0)519

ファッショニスタな広告クリエイターの友達と、タクシーをSOHOへ走らせます。BroadwayとGrandと聞いて想像はできていたものの、お店はL’Ecole, The Restaurant of The French Culinary Institute 。その名の通り、フランス料理学校のレストランなんです。いつもSOHOでお買い物する際、横目で見つめていたお店なんですよね。聞くと友人も、ずっと気になっていたとか。

フランス人の間でも、評判が高いんです~。友人は噂を聞いていたそうですが、私がたまたまネットで検索しても、フランス語のレビューがこんなにございました。

↓明るい店内は、家族やお友達とのディナーにピッタリ~。

My Big Apple

料理学校なだけあって、Back to the basics, 基本に忠実です。こちらではプリフィックスのコースが用意されているのですが、コンプリメンタリーのお通しが出た後はアペタイザー、お魚、お肉のメインでィッシュが続き、お肉の後にサラダ、デザートと続くのです。お魚とお肉を両方いただくだけでなく、デザート前のお口直しにサラダが登場するのが、かにもヨーロピア~ン。

私は大の胡椒好きで、テーブルに並べられたディッシュには必ずウェイターの方が驚かれるほど、振りかけていただきます。しかし、さすが伝統的なフレンチにこだわる味。手をつける必要のないほど、濃厚かつ重層なお味で、アッパレでございました。アペタイザーに選んだエスカルゴは、ガーリックとバターが極上のバランスで絡み合い、舌の中で身が波打つようです。

↓芦屋にあったフランス人経営、懐かしのレストランを彷彿とさせる味。

My Big Apple

一方でロブスターを中心に据えたブイヨンのスープは、無駄なスパイスのない、香り立つエレガンスを感じます。メインにいただいたダックも、脂が乗って噛みしめるたびに肉汁が染み出していくのです~。これでおひとり様45ドルだなんて、破格この上なし!!!カジュアルな雰囲気で気軽にフレンチを堪能できるこちら、ぜひ一度お試しあれ~。

↓お通しの前菜から、背骨が通った味にノックダウン!

My Big Apple

↓ダックの脂身で頬が落ちそう!というより、後でお顔の贅肉になってしまう?

My Big Apple

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>