何年ぶりかの焼肉は、舌に優しく

by • February 17, 2011 • Restaurant ReviewsComments (0)412

今週、すでにSparks Steakhousをご紹介したばかりですが。グルメつながりで本日は焼肉Takashiをご紹介しましょう。言わずとしれた、NY随一の焼肉の名店!!マライア・キャリーも訪れたという牛角もNYでは高級店化してますが、Takashiはこれぞ日本の牛肉の美!と手を叩きたくなるほどでした~。

お連れの皆様がカルビよりホルモン系がお好きだったことでミノ、モツ、ハツなどなど内臓・器官系をごっそり頂きましたよ!舌に優しくとろけるお肉の味わいに、何年ぶりかで焼肉にありついた私は、ほとんど失神しかけましたね。こちら、予約は4人以上から、しかも2時間までと制限が掛かっているんですけど、ここまでとことん上質のお肉を提供して下さるのなら、文句は言えません。

↓壁を彩る絵で、お肉の種類を再確認!慣れてない私には助かります~。

My Big Apple

絶叫したのは、これ。何だと思います?

↓ぽってりとした厚み・・・肉感的とはまさにこのこと。

My Big Apple

実は

実は

実は!!!タンなんですよぉ~。牛タンってもっと薄くスライスされてコリコリなイメージじゃありません?私が安い焼肉しか食べていないからかもしれませんが、この厚みが奏でるしっともっちりな質感は、もう昇天モノです。すでに満腹でギブアップしていた私ですが、このタンが焼き上がる風景をみると、いてもたってもいられずお箸を伸ばしてしまいました!!

お肉のオンパレードを飾った後のデザートが、ソフトクリームだけ、というところにTakashiの自信が垣間見えますな。確かに肉々ないお上品なお肉の後だからこそ、味わえるデザートでございました。

↓きなこや小豆と一緒にいただきまーす☆

My Big Apple

こんな名店なだけに、訪れるお客様にはあのセレブが・・。私たちの横に、白髪の紳士を連れた20代後半と思しき男女がテーブルを囲んでいたんですよ。白髪の紳士がアーティスト風の面持ちだったものの、さして意識せず、お肉に集中していたところ・・・お連れがお店を出る前にひっそり「教授がいましたね」と耳打ちされて、ビックリ!!そうです。天下の坂本龍一がお忍びでいらしていたんです・・・。まさかまさかの遭遇に、お腹だけでなく気持ちもいっぱいになった夜でした☆

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>