肉厚ジューシーなステーキを食べるなら、マフィア気分で

by • February 15, 2011 • Restaurant ReviewsComments (0)931

週末の就寝時間がいつものように乱れに乱れ、移動なしの時差ボケ気味の頭を抱えたある月曜。お客さまとともにSparks Stake Houseの扉を開きます。重厚なインテリアは、さながらアル・カポネのごときマフィアのドンの別邸のよう。恭しく中年男性のウェイターに出迎えていただくと、なんだか葉巻をくわえたくなりますな。

こちらのおススメは、なんといってもプライム・サーロイン・ステーキでしょう。ウェイターさんが手で持ち切れないサイズなせいか、こちらではカートで運ばれてきます。米国の安いステーキなら横広に締まりに欠けるお肉のイメージですが、こちらはこんもり肉厚ジューシーな上に、横幅もバッチリ!まさにパワーランチと呼ぶにふさわしい。

表面にこげめがついていて一見堅そうに見えますが、なかなかどうして、さすが1966年創業と約50年の歴史を誇るだけに侮れません!ナイフを突き刺すと、すんなり刃がお肉に食い込んでいくのです~。

↓ブラックべリー3個分の大きですかね~。

My Big Apple

ミディアムをチョイスしても、中から薄紅色の赤身が姿を現すのですよ。じんわり広がる牛肉の旨みがたまりません!!!見た目の圧倒的な存在感に食べ切れない予感が走るのも束の間、細身の女性でもペロリと平らげておられました。彼女いわく「美味ならボリュームに負けずに食べ切れる!」とのこと。確かに、このくらい表面カリカリ、中ジューシーなら、サイズがいくら横綱級でも飽きませんわ。

↓ふるいつきたくなる、この赤身!!

My Big Apple

ドジャーズのジョー・トーレ元監督の写真とサインが飾られるように、ミッドタウンのビジネスマンだけでなく、著名人にも愛されるこの店。その昔、何より寵愛を受けたのはNYのマフィア達だったようです。腕がものを言う非常な渡世だからこそ、重量感たっぷりの肉汁ほとばしるステーキを愛好したのでしょうか。19世紀から続いたイタリア・マフィアであるガンビーノ・ファミリーのボス、 Paul Castellanoが1985年に殺害された場所でもあります。入口付近で、銃弾の犠牲になってしまったとか。その昔のマフィアを思うと、ゾクゾクしちゃいますね。

↓1966年創業とは思えない老舗風味は、マフィアの歴史があるせい?

My Big Apple

このお店はステーキとそのお店の歴史だけでなく、ワインのセレクションでもその名をとどろかせています。ワイン・スペクテイター誌では、1981年から毎年グランド・アウォードを受賞しているんですって。ディナーで訪れたときには、ワインの品揃えに舌鼓を打ちたいですね~。

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>