ビン・ラディン死亡発表の記者会見、気になる視聴者数は?

by • May 5, 2011 • NY TipsComments (0)247

ビン・ラディン死亡で神風が吹いたのは、2012年に再選を控えるオバマさんだけではありませんでした。5月1日時点では支持率、50%へ跳ね上がりましたね・・。

前回お話しました、ビン・ラディン死亡発表時でのNYのお祭り騒ぎの件です。俳優のロブ・ロウがなぜ、映画「セント・エルモス・ファイアー」並みに熱い笑顔を撒き散らしていたのか不思議だったんですよ。ようやく合点がいきました。2001年に同時多発テロ事件が発生する1週間前、テロ事件の犯人がdry run、つまりテスト飛行していたときに、ちょうど同じ飛行機に乗り合わせていたんですね。

↓セント・エルモス・ファイアー。80年代の名作の1本。

My Big Apple

この人、当時は人気ドラマ「West Wing」に出演中で、頻繁にLAとワシントンD.C.にあるダレス空港を往復していたんです。彼は常にフライト93あるいは73を利用しており、同時多発テロ事件発生の1週間前にもおなじみの便に乗り込んでおりました。まもなく、ワールドトレードセンターやペンタゴンへ飛行機が突っ込むという悲劇が発生。メリーランド州司法長官からは事件前にテロリストと同じ飛行機に乗り合わせていたかどで、召還状まで届いたといいます。

自叙伝「Stories I Only Tell My Friends」の宣伝でメディアを駆け巡るロブにとっても、ビン・ラディン死亡は宣伝効果倍増だったことでしょう。彼は番組で「誰もが普通にみえた。テロリストのような恐ろしい人物がいるとは、到底思えなかった」と回顧していたようです。

↓80年代に多感な頃を過ごした方たちには、必読?

My Big Apple

さてオバマさんの話に戻りまして。

ビン・ラディン死亡のオバマ記者会見の視聴者数、気になりません?ニールセンの調査では、5650万人。米国東部時間では午後11時35分と日曜の深夜だったにも関わらず、実に国民の約5分の1がTVを通じてオバマさんの声に耳を傾けていたことになります。オバマさん関連では、2008年11月4日の大統領選挙で勝利宣言をしたとき以来の規模を達成しました。

↓米大統領のシンボル・カラーとも言える赤いネクタイが、よく似合います。

My Big Apple

当時は7000万人に及びました。とはいえ、国技ともいえるアメフトの頂上戦、スーパーボウルの視聴者数の1億1100万人の半分にしか及びませんが・・。こうみると日曜のゴールデン・タイムに開催されるスーパーボウルの偉大さが、よぉ~く分かりますねぇ。

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>