米債務上限引き上げ難航で、ニューヨーカーもご立腹。

by • July 26, 2011 • NY TipsComments (0)229

米連邦債務上限引き上げが難航し、25日の相場はドル安・米株安・米債安を迎えました。業を煮やしたのか、オバマさん、プライムタイムの午後9時、米債務上限引き上げがいかに必要かを切々と厳かな面持ちで訴えてましたね。

べーナー米下院議長の提案が半年後に債務上限引き上げ合意が」必要であることに対し、

「kicking the can further down the road」

→下り坂で缶蹴りを続けるようなものだ

妥協できない現状について

「They’re fed up with a town where compromise has become a dirty word」

→国民は妥協が汚れた言葉になってしまった町に住むことに疲れ果ててしまっている

このほか、「労働で疲弊したアメリカ人が身体を引きずって帰宅してTVをつけたら、毎日同じニュースが流れている」と語りかけるなど、オバマ節が冴えわたっていたのですよ。もちろん、ベーナー案に対し、「信用の格下げを招きかねない」と攻撃も忘れません。

おそらく8月2日の期限ギリギリの土壇場でなんとか妥協案へ導いていくことでしょう・・・が、フェースブックを見てオドロキ、私のアメリカ人の友人も怒りの丈をつづっておりました。

なぜなら民主党寄りのMSNBCの政治トーク番組など、レーガン・ブッシュ政権時に18回の債務上限の引き上げを実施し共和党が債務を膨らませたと主張してるんですよ。また共和党がオバマ大統領に批判の矛先を向けるに対し、共和党が①戦争で債務を巨大化させた、②GEなど大企業が抜け穴を通じ連邦税を支払っていないことに対処しなかった--ことを挙げております。

たとえば、こんな怒り

「One person’s or company’s tax breaks are another’s penalty. Corporations and the wealthy will naturally look for loopholes. They are the only ones who can afford to set up offshore accounts. I don’t blame them」

→個人あるいは会社の減税が誰かの罰金になってるんだ、企業と富裕層は自然に抜け道を探すんだよ。彼らはだって、タックス・ヘイブンで口座を開ける余裕があるんだから」

そして2010年に連邦税をゼロで済ませた、エクソンを始めとする大企業のリストをアップしておりました。

他にはもう、呆れかえって

「Raising the debt ceiling is kind of like increasing blood alcohol levels to solve drunk driving.」

→債務上限引き上げは、飲酒運転を何とかするために血中アルコールの水準を引き上げるようなものだ。

それだけ、財政的にマヒした状態ってことを言いたいんですね・・。

債務引き上げ問題に対する嘆きと怒りと呆れ声だけではなく、映像で見る債務額サイトを紹介しておりました。その名も、www.wtfnoway.com  

では、ご覧下さい。

↓1万ドルは、こんな感じ。

My Big Apple

↓10億ドルになると、人間をはるかにしのぐサイズになります。

My Big Apple

そして年間で過去最大の財政赤字額に近い1兆ドルになりますと、もう言葉になりません。

↓ジャンボジェット機をはるかに超えちゃうんですよ!!

My Big Apple

フェースブックで友人に「ほぼこの金額が中国が保有する米国債相当額だよ」と教えると、絶句を通り越してましたっけ。

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>