アフターワークは、プールサイドで乾杯☆

by • July 29, 2011 • Out & AboutComments (0)307

香港からやって来た大親友の、NY最後の夜。火曜日とはいえ、NYならではな場所で最後の夜を演出しようと、向かった先はザ・ジェームスです。ご存知ソーホーの南側に位置するホテルは、ルーフトップにプールが備えNYらしい都会的クールに彩られているのです。

しかし、知り合いの女性が退職してしまって、彼女のコネはつかえず・・。火曜とはいえNYの大人気スポットとあって、入店は相当難しくなっておりました。でも、NYにはまだまだ、秘密の楽園が存在するのですよ~。

グランドから西へ向かって若干北へ歩いて約5分。ニューヨークのストリートを映し出すクリスタル・タワーが、ここトランプ・ソーホーです。去年の秋頃にオープンしたばかりのこちら、オーナーを嫌悪する余りに足を踏み入れてませんでしたが、背に腹は変えられません。

↓ソーホーのはずれに突如あらわる、ガラスの塔。

My Big Apple

7FにあるBARはスパの真横にあり、うなぎの寝床のような狭苦しさを禁じえません。でも、あなたが目指すべきは、BARではないのです。BARの向こう、ヴァリック・ストリートを見下ろすバルコニーが、仕事で疲れたあなたを癒すオアシスなのです!!

なぜなら。

バルコニーの向こうには、太陽の光を反射させて涼しげに水面を揺らすプールが歓迎してくれます。コンクリートで囲まれた都会の真ん中、摩天楼との対比は、非常にNYらしい風景。プールの横にすえられたデッキは、大柄なアメリカ人でもゆうに2人は横たわれるサイズで、アルコールでほろ酔いになったあなたを優しく包んでくれます。この日はヘッジファンドがパーティーを開催して、納涼退会を楽しんでおりました。

↓そんなに混み合っていないことも、ポイント高し。

My Big Apple

↓ライチマティーニを片手に、癒される~♪

My Big Apple

この日は仕事帰りという事情などを背景にプールに足を浸す人々は見受けられませんでしたが、週末ともなればブランチ・パーティーと称して、水着持参でやって来る方々が多いんですよ~。でも、プールの入る際には警備員がいるかどうか、確認して下さいね。でないと、止められちゃって恥ずかしい思いしちゃいますから!!

↓プールが閑散としてた当日、やっぱり警備員がおりませんでした・・・。

My Big Apple

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>