小銭両替のつもりが、笑うせぇるすマンに遭遇

by • August 17, 2011 • NY TipsComments (0)1162

オフィスでコインを集める上司の指令で、同僚2人と一緒に気分転換を兼ねて紙幣に両替することになりました。差し込み口近くまでコインが埋まっており、手にとるとずっしり重いんです。せっかくなので、3人でいくら入っているか、お遊びで予想してみました。

↓このサイズに、いっぱいのコイン。あなたならいくらだと想像されますか?

My Big Apple

ちなみに箱に入った段階で、私は「クォーターが意外に多いかも」との上司の言葉を受けて、80ドルと見立てたんですよ。同僚Aは60ドル、同僚Bは最初は15ドル程度でしたが、40ドルに引き上げて、いざ勝負です!!!

最寄の銀行、45丁目とレキシントンにあるチェースに赴き、窓口で両替を依頼します。ドラッグストアのデュアン・リードなどスーパーマーケットにあるようなコイン・カウンターで数えるのだろう、と予想していたんですが、こちらは大ハズレ。何と銀行員の窓口係がこちら側に回ってきて、手で数える羽目に陥ったのです!ガーン・・。プラスチック・マネーの流通で、コインを集める人が激減したんでしょうかね。

↓これだけあると、壮観・・・。

My Big Apple

ペニー、ダイム、クォーターなどなど、それぞれ手で選別しながら、チェースの銀行員さんを巻き込んで必死の作業が続きます。ただランチタイムだったので、弁当持ちの同僚2名とは別にランチを買う必要があった私は、めんちゃんこ亭で冷やし中華のテイクアウトをオーダー。帰ってきても懸命の勘定は続いており・・。不器用な私は中に入れず、声援を送るしか術はなかったんですな。そんな私の状況をを見計って、アジア系の銀行員が笑顔で近づいてきたのです。

手伝ってくれるのかと思いきや、私にはご機嫌いかがですかと尋ねた後、「どちらで勤務されていらっしゃるんですか?皆さん、同じ会社に勤められてるんですか?」などと質問が口から飛び出すではありませんか。質問を聞いた瞬間、イヤ~な予感がしたものの、その後は矢継ぎ早に「会社はどこですか?」、「どんな会社ですか?」、「規模は?」、適当にのらりくらり返事していると、極めつけに「チェースで口座はお持ちですか?」などとまで詮索する始末です・・。

笑顔の下に、ハイエナの牙を隠し持っていたセールスマンだったわけですな。そんな彼の横で、黙ってコインを数えていた窓口係員の女性も、「チェースのサービスが一番でしょ?」とささやきながらウィンクしてきましたよ。

景気減速の懸念が渦巻くなかで、銀行側も預金獲得にわき目も振らない状況が浮き彫りになってきます。一方で、顧客としての我々には、収益低下に比例したサービスの落ち込みで、アメリカの銀行にウンザリさせられてるんですよ。

例えば。

シティバンクのATMでは、以前は口座の出し入れ動向が時系列にて画面でチェックすることができたんですよ。しかし今となってはネットで確認できるのみ。オンライン口座を普段使用しない方々にとっては、青天の霹靂ですな。

くだんのチェースにいたっては、もっとひどい。チェースに口座を持つアメリカ人とアジア系のカップルが共同口座を開こうとしたんです。すでにそれぞれ、チェッキングとセービングの口座を持っていたので気軽に口座開設にいたるかと思いきや、共同口座の維持費に15ドルから20ドル徴収する、との通達を受けたんですって。しかも共同口座から資金をシフトするのに、手数料を5%徴収する、とまで申し渡されたんですよ。

アメリカ人の男性はご家族の分と住宅ローンの支払い口座用に、彼の名義で5つもの口座を有していたにも関わらず、この狼藉。くだんのアメリカ人男性いわく「思わずチェースの口座を全部解約しようかと思った」とか。そりゃーそうですよね。結局、若い行員に現状を説明して手数料支払いは免れたようですが・・・。いかに銀行が収益確保に躍起になっているか、お分かりでしょう。

かくいう私もチェースを利用してるんですが、所要で窓口を訪れるたびに「クレジット・カードの申請資格がございますよ」と、勧誘されることがしばしばで。笑顔に包まれたセールス・トークに溢れていて、銀行員がハイエナどころか、最近は鮫に見えて仕方ありません。

あ、大量のコインは結局いくらだったか、ですか??中を開けると圧倒的にペニーが占めていたため、45ドルにしかなりませんでした。というわけで、同僚Bの勝利となりましたよ、ガッカリ。

↓紙包みに小銭を放り込むにも、匠の技が光る!包み方、初めて勉強しました。

My Big Apple

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>