911は無事終了も、警備強化は続行中

by • September 13, 2011 • NY TipsComments (0)251

オバマ米大統領が米国雇用法を演説を行った8日、9月11日の同時多発テロ事件10周年を控え、テロ警戒度が引き上げられたことは既にお伝えしたとおりです。
あれから3日たっても、タイムズスクエアをはじめとするランドマーク周辺では、警備強化が続いております。モルガン・スタンレーやバンク・オブ・アメリカに勤務する友人からも、「まだ周辺を警官が張ってるんだよね」なんて声が聞かれました。ケリー警察委員長が「警官の数や警備強化の終了は発表しない」と明言するように、しばらく続くことは必至のようです。
↓大人気ドラマのタイトルそのもの、「NYPDブルー」です。

My Big Apple

私も所要があって車で夜、タイムズスクエア近くを通過した折には、42丁目と6aveの手前で警察の検問を受けました。ウィンドウをすべて開けるよう求められ、車内をチェックされただけでしたが、何にもなくてもドキドキするものですね~。個人的には、ドラマみたいな一瞬でした。
地下鉄の駅も、もちろん厳戒態勢が続いております。グランド・セントラルの地下鉄の駅には、カバンのランダム・チェックが続き、構内を歩く警官の姿も以前より多く見かけられる状況。もちろん機関銃を持った警官も、岩のように立ち警備に当たってます。慣れたとはいえ、機関銃の横を歩くときには、いい気分しないものですね・・。
実はNY、テロ警戒に突入する911の以前から、大忙しでした。レーバーデーの3連休、ブルックリンではウェスト・インディアン(カリブ海住民)のルーツを祝うパレードが華々しく開催されていたんです。レーバーデーのビッグイベント、カリビアンが世界中で開催するパレードのなかで最も盛大なだけではないんですよね。残念ながら、毎年何かと事件が発生しやすいことでも知られております。私も、ニューヨーカーから絶対女性一人では出掛けるな、と何度念を押されたことか。
↓饗宴が、一瞬にして狂乱の舞台に変わった週末でした。
My Big Apple
何かと申しますと、銃乱射事件が発生することが多いのです。当時はまれに見る悲惨さで、48人が負傷しただけでなく警官が2名亡くなりました。ご冥福をお祈りするばかり・・・。カリブ系の友人はニュースを聞いてため息をつきながら、「銃をぶっ放すとか、女性をビッ●だなんて罵倒する音楽を聴いてるから、感覚が麻痺してるんだ」とつぶやいてましたっけ。ブラジルのカーニバルを彷彿とさせる派手派手っぷりがまぶしいパレードなだけに、非常に残念な限りです。

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>