uspw_6148548_crop_650x440

全米を吹き荒れる、ジェレミー旋風とは?

by • February 10, 2012 • GossipComments (2)1728

ここ毎日、彼の名前を聞かない日はありません。ジェレミー・リンのことです。過去たったの5日間だけで、ジェレミーのツィッターには6万人以上のフォロワーがついたんですよ、衝撃的でしょ?

ピンときたあなたは、相当のバスケ通です。

ニューヨークでjeremyとグーグルすれば、「jere」を叩き込むまでもなく検索候補1位に登場する彼、今まさに全米で話題沸騰中!!NYニックスに所属するNBAプレーヤーなんですよ。ここ1週間で1試合平均20ポイント以上を荒稼ぎする得点マシンの彼。、8日はダンクまで決めてしまう神々しさ。チームメイトでニックス歴10年というベテランのタイソン・チャンドラー選手をして、「あいつがダンクできるなんて知らなかったぜ(I didn’t know he could dunk)」と言わしめるほど。バスケットの神様マイケル・ジョーダンからレブロン・ジェームズの離れ業ダンクを見てしまったあなたには、ダンクごときで・・・と呆れられそうですが、彼の経歴をみると、いかにジェレミーが偉大か、納得しちゃいますよ。

ジェレミー・リン選手は191cmと、平均身長が約6.7フィート(202cm)というNBAでは、小柄なほうといえるでしょう。ッ中国・台湾系アメリカ人というわけで、アジア系アメリカ人として初のNBA選手タイトルも、手にしております。

↓弱冠23歳のジェレミー、全米を大興奮の渦に巻き込んでいます!

My Big Apple

それだけでは、ありません。

彼は高校卒業後、いずれのアスリート向け奨学金を受け取ることなく大学に進学しました。奨学金なしで大学に入っただけでも驚愕レベルなのに、進学先は泣く子も黙るハーバード大学!!ハーバード大卒のNBA選手なんて、彼以外には57年前まで遡らなければなりません!!!1947年のNBA有史以来、たった2人という極めて稀有な存在なんです。

ドラフト外でNBAに入団し地元のゴールデンゲート・ウォリアーズからキャリアを開始させたものの、成績は振るわず。ニックスへの移籍でも契約金もわずか80万ドルとNBA選手にしては小額だったことから、NY大学で歯科医になるべく勉強中の弟が住む1ベッドルーム(日本でいう1DK)で寝泊りしてたんです。なんと数日前まで、カウチが彼の住まいでした。しかも、3週間前にはDリーグ、すなわちNBAのマイナーリーグに落とされるところだったといいます。1月4日付けのジェレミーのツィッターでは「マディソン・スクエア・ガーデンに赴くたびに、セキュリティからトレイナーなのか、って聞かれるんだ(笑)Everytime i try to get into Madison Square Garden, the security guards ask me if im a trainer LOL」とつぶやく有様でした。

↓ジェレミー旋風に、アジア系だけでなく白人もアフロ系もみんなまとめて熱狂!!

My Big Apple

そんなアンダードッグが、奇跡の変身を遂げ華麗なるスーパースターへ登り詰めたのですから、全米が震撼しないわけは、ありません。イジメに遭う確率が高いと言われるアジア系アメリカ人の誇りと威信を掲げるだけでなく、大人から子供たちに夢と不屈の精神を与えるためにも、ジェレミーにはいっそうの飛躍を期待せずにはいられません。何より、ニックスをファイナルに連れて行って・・・。

Comments

comments

Pin It

Related Posts

2 Responses to 全米を吹き荒れる、ジェレミー旋風とは?

  1. Mayuka.S says:

    SECRET: 0
    PASS:
    久しぶりにニックスの明るい話題。。。涙

  2. saw81210 says:

    SECRET: 0
    PASS:
    >Mayuka.Sさん
    先週の試合、ジェレミーが大活躍した夜に、MSGのボックス席よばれて、いけなかったのが、未だに口惜しいです。彼の活躍で、チケット足りず試合に行けるチャンスが減るかもしれないけど、ジェレミーには是が非でも躍進してほしいです!!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>