フェイスブックでシェア全開のKONY2012とは

by • March 14, 2012 • NY TipsComments (0)238

フェイスブックをご利用の方をはじめ、人権運動にご関心のある方は、すでにご存知でしょう。

KONY2012とは、政府勢力「神の抵抗軍 (LRA)」 の指導者であるジョセフ・コニーを
逮捕しようという一大プロジェクトです。 コニーとは、ウガンダ北部を中心1987年以来、少年・少女を誘拐して兵士に仕立て上げゲリラ行為を続けるだけでなく、殺人・強姦・性的奴隷など、残虐行為を繰り広げた悪行限りない人物。ウィキいわく、米国も同時多発テロ事件以降、コニー自身をテロリスト、そしてLRAをテロ組織と位置づけているそうです。
↓いかにも人相の悪いコニー。カルト宗教家にありがちで、妻は数十人。

My Big Apple

指名手配犯でもあるコニーを逮捕し、親から引き離され抑圧された子供、市民を救済しようという崇高なるプロジェクトが、人々の心に刺さらないわけはありません。「KONY 2012」の動画はYoutubeにて、NY時間午後9時45分現在で7657万698人と、膨大な人々が再生しておりました。フェイスブックでも、子供をもつ母親、甥を可愛がる独身女性など、共感した女性を中心に「KONY 2012」への参加を力強く呼びかけていました。
性格が悪いせいか、私はコニーの逮捕を切に願いつつ、首をかしげずに入られませんでした。なぜ、「今」なのか。
ウガンダといえばここ数年、世界から熱い視線が集まっているんですよ。もちろん、お宝が眠ってるから。そのお宝といえば--いわずと知れた石油です。BBCは2011年11月に「Cashing in on Uganda’s oil boom」という記事で、エコノミスト誌の調査をもとに2015年までに原油収入が20億ドルに達すると伝えておりました。欧州最大の石油探査会社である英Tullow Oilが関与し、仏トタルやシノペックが権益を次々に獲得している段階です。
金の生産地でもありますね。2004年から採掘が活発化し、2002年の3kgから2009年には1600kgにまで成長しました。世界最大の産地である中国の2011年の生産量が360トンであることを踏まえると桁違いですが、2010年にはロシア企業と組んで精製所を始動させるなど、天然資源の王国として繁栄を謳歌しつつあるのです。
ウガンダ:生産の推移 (出所、Index Mundi
年      生産量   前年比%
2002年   3kg      NA
2003年   40kg     1233.33%増
2004年   1447kg    3517.50%増
2005年   1700kg    17.48%増
2006年   1600kg    5.88%減
2007年   1600kg    ±0%
2008年   1500kg    6.25kg減
2009年   1600kg    6.67%増 

それだけではないんですね。企業の世界戦略も、深く関与しているのです。続きは、明日~。

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>