7010590221_01b2accdc9_z

ファッション五輪、ユニフォームでの金メダルは?

by • July 29, 2012 • GossipComments (0)2321

Fashion Olympic, Gold Medal Goes To….

勝手にファッション五輪~☆独断と偏見で評価しちゃいます。
(総メダル数は北京五輪まで、出場回数は夏のみでロンドン五輪を含みます)

まずは勝ち組から。開催国のイギリスは開会式でライブを披露したSirポール・マッカートニーのお嬢さん、ステラのデザイン。愛国心に満ち溢れながら、スタイリッシュ。

▽総メダル数737 出場回数27

個人的には、SuitsSupplyデザインのオランダが好き。ネイビーとプレップの融合ですね。オレンジが鮮やかで左側の女性モデルのリボンが小粋!

▽総メダル数248 出場回数25

アメリカのデザイナーは一目瞭然、ラルフ・ローレンです。お得意のポロシャツを星条旗モチーフでキメました。

▽総メダル数2548 出場回数26

ファッショニスタの間で高評価を得た作品は、ジャマイカ。斬新なパターンを生み出したセデラのクリエイティビティは、父親ボブ・マーリー譲りかもしれません。

▽総メダル数53 出場回数16

イタリアといえば、やっぱりジョルジオ・アルマーニ。モノトーンのエスプリが利いた実にシャープなユニフォームに仕上がっております。

▽総メダル数627 出場回数26


日本はというと、日の丸レッドにグレー。淡々と仕事をこなした感が漂いますね。高島屋なだけにコンサバ。

▽総メダル数360 出場回数22

翻って、ガッカリ組はこちら。ドイツといえば機能性と洗練さが調和したデザイン、という印象ですが、これは何かの罰ゲームでしょうか。ボーグナーが担当しました。

▽総メダル数1260(東西分裂時を含む) 出場回数14

欧州ソブリン危機の真っ只中のスペインは、チェーン店レストランの制服みたいです・・。デザインはロシアのBoscoが担当したとか。

▽総メダル数115 出場回数22

ロシアもスペインにたがわぬ、グルグル渦巻き状態。目もクルクル回りっぱなしです。担当はやっぱり、Bosco。

▽総メダル数416 出場回数19(ソビエト時代含む)

中国も何だか、どこぞのチェーン店の制服みたいだと思ったら・・・・やっぱりBosco!!

▽総メダル数430 出場回数8

東京五輪のユニフォームかとみまごうばかりのレトロ感たっぷりなのは、ベリーズ。デザイナーのジェフ・バンクスさん、今は2012年ですよ?

▽総メダル数ゼロ 出場回数11

 

ニュージーランドというより、NHKの連続TV小説を連想させるスタイルです。ロッド・アンド・ガン作品也。

▽総メダル数86 出場回数22

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>