サタデーナイト・ライブ、iPhoneメーカーの労働者をパロディ

by • October 15, 2012 • Gossip, Latest NewsComments (0)404

SNL Mocked The iPhone 5 Hysteria With Plant Workers.

サタデーナイト・ライブが、やってくれました。

アップルのiPhone 5について、いろいろ不具合があるとお伝えしましたが、SNLでは「テックトーク」と題したスキットを披露したんです。ホストであるクリスティーナ・アップルゲイトを司会役に、SNLメンバーがITオタクにはお馴染みCNet、Wired、Gizmodoをはじめとしたブロガー3人に扮し、マップ機能やらスクラッチやら、最近話題のあらゆるiphone 5の欠陥について、言いたい放題!!とめどない苦情がどしどし口から溢れてきたわけです。

ところが!

ほどなくして、iphone 5を製作するフォックスコン従業員にそっくりないでたちの労働者がプライズでご登場~(注意:フォックスコンを名指しにはしていません)。

まさかの従業員の登場に、唖然とするブロガーのこの表情。よっ千両役者!

口ごもるブロガーの前に、従業員達一斉に反撃を開始します。

地図の不具合についての文句に「え、何マップが機能してないって?スターバックスに行きたいのにダンキン・ドーナツに行き着いた?そりゃー大変なこった(You want Starbucks, it takes you to Dunkin’ Donuts? That must be so hard for you)」

ツィッターが遅いという不満に「ツィッターが遅いって?カーダシアンのハンドバッグについてのツィートが読めないっての?あたしの兄ちゃんだってハンドバッグ持ってるよ。手を失ってて、縫合できるまでカバンに入れてるのさ(Oh, Twitter real slow? You can’t read Kardashian tweet about handbag? My brother have handbag, too. He lose hand, keep in bag until he can afford to reattach)」

激辛です!!痛烈です!!さすがSNL、シュールです!!

挙句の果てには、これ。アメリカ製品についての質問について「糖尿病は、商品にあてはまるかね?(Does diabetes count as a product?)」。これには一同、撃沈です!!私もズッコケました!!

 

皮肉な格差の象徴として扱われたiphone。フォックスコンをはじめとしたiPhone製造工場も悲惨ですが、NYでも目に余る光景が広がっています。ある金曜の夜、グランドセントラルの横を午後10時過ぎに歩いていたら・・・こんな風景が広がっていました。

酔いが一気に吹っ飛びました。

何かと申しますと・・・はい、グランドセントラル内にあるアップルストアで再入荷するiPhone 5のために、行列を作っている皆様です。

iPhone 4Sで撮影する私の手が、震えました。

平日で75万人、週末なら100万人が通過するグランドセントラルの壁に段ボールとわずかな毛布だけで野宿する人々。彼らは、本国の富裕者層を満足させるために並んでいるわけです。撮影していた私をジッとにらみ続けた男性の目が、今でも忘れられません。

15日発表の米9月小売売上高は、iPhone 5の発売開始を受けて電気製品とオンラインでの好調な伸びに支えられ予想以上の強さをみせました。その背景で、こんな「ゲタ」を履いているのかと思うと、健全とは言い切れない気がします。

ワシントン・ポストは、SNLのスキットから一歩踏み出し、香港にある人権団体に送付して感想を求めました。チャイナ・レイバー・ウォッチの代表者は「実によくできている」と感想を漏らしつつ、「中国人はアメリカ人に怒りを感じていないと思うよ。だって職を与えているんだから」とコメントしていました。アップルがアメリカ企業だからという感情の先走りがないんだなぁ、と受け止めた次第です。

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>