debate2

オバマ、第2回討論会で復活!ロムニーの敵失効果も

by • October 17, 2012 • Latest NewsComments (0)602

Obama Is Back! Romney Received Binders Full Of Tweets After THE Comment.

オバマ米大統領、宣言通り「アグレッシブ」に第2回米大統領討論会を制しましたね~。CNNでの世論調査は、以下の通り。

前回の討論会での反省を踏まえ、終始攻撃を続けてもぎ取った勝利。

共和党支持者と民主党支持者が33%ずつという割りには、後で司会者が「共和党寄りの視聴者が多い」なんて注釈をつけるような調査でも、きっちり勝利してます。

今回の舌戦、オバマ米大統領の猛攻トークもさることながら、ロムニーの敵失にも大いに救われました。しかも1つではなく、2つも失点を上げてしまったんです。

まずは9月11日というアメリカ人にとっては忘れられない日、リビア東部ベンガジで発生したリビア大使殺害事件。ロムニー候補は不満やるかたない面持ちで、テロ関与について説明するのに2週間を浪費したと批判したんです。

オバマさんは、ロムニー候補からの非難に物申すがごとく「それは正しくない」と口を挟みます。そこへ、思わぬ援軍が登場しました。誰あろう、司会者を務めたCNNのホワイトハウス番ベテラン記者のキャンディ・クローリー。彼女はロムニーの指摘に対し「米大統領はローズ・ガーデンで開いた記者会見で、テロ関与について言及していましたよ」と訂正したんですよ。これには、オバマさんも「もう少し大きな声でいいなよ、キャンディ(Say that a little louder, Candy)!」と持ち上げてました。

テロ関与の全容が明らかになった時期こそ約2週間後でしたよ。でもオバマさん、事件翌日の12日にローズ・ガーデンで行った記者会見で、この文面にあるように、「どのようなテロ行為も(この偉大なる国を揺るがしはしない(No acts of terror will ever shake the resolve of this great nation)」と発言してました。テロによる事件という見解を盛り込んでいたわけです。

ちなみにリビア大使殺害事件に対し、討論会の前日にクリントン米国務長官が「責任は私にある」と発言していましたんですね。でもオバマさん、国務長官は米大統領の下で職務を全うしていると説明した上で「米大統領は私であり、責任は常に私に帰する(I’m the president and I’m always responsible)」とロムニー候補の口撃を木っ端微塵に打ち砕きました。男を上げた、記憶に残る名言です。

 

もうひとつは・・・バインダー発言

女性の雇用問題、男女の賃金格差問題に絡んだ質問に応じたときのことです。ロムニー候補が女性を平等に扱っているという文脈で、マサチューセッツ州知事時代に能力のある女性を側近に採用しようとした際、スタッフがたくさんの女性を候補として集めてきた、という意味で「whole binder full of women」と口走ってしまったんです。binder=バインダーといえば、昔の学生が複数の教科書を束ねるときに使った幅広のヒモみたいなもの、あるいは書類をまとめる整頓用品といえばイメージがわくでしょうか。いわゆる束ねる道具です。おそらく、「履歴書でいっぱいになった書類がいっぱい机に並んだ」という意味で言ってしまったんでしょうね。

これがもう、ツィッターを中心に女性の反感に火を点けて大炎上。女性をモノ扱いした差別主義者として、瞬く間にバッシングにさらされてしまいました。

討論会直後のツィッター。離婚歴の多いギングリッジ元米上院議員も合わせた中央にあるバニティ・フェア誌のジョークが秀逸。

プレイボーイの創始者ヒュー・ヘフナーをもじり、ロムニー発言に対しこんなジョークもネットをにぎわせました。本棚に並んだバインダーはプレイボーイのアーカイブです。

ロムニー候補、これで完全に無党派層の女性を中心に支持を失ったことでしょう。

奇しくも今回の討論会、双方の奥様は乳ガン撲滅キャンペーン月であることに敬意を表したのか、テーマカラーのピンクの装いで参加しておりました。ミシェル 夫人は民主党大会のときと同じくアメリカ人デザイナーを起用しマイケル・コーズをチョイス。アン夫人はこれまた共和党大会と同じく、オスカー・デ・ラ・レ ンタでした。こんなときに女性に配慮を欠く言葉を洩らすなんて、ロムニーさん、痛恨のエラーですね。

今回の討論会で、オバマ陣営はしてやったり。かんべえ先生が溜池通信で「エレクトラル・カレッジの予測数字をチェックすると、10月17日分の数字は、『オバマ277対ロムニー239、未定22』である。ずいぶん雰囲気が変わりましたな」とまとめていらっしゃってました。米大統領選まであと3週間、このままオバマ陣営がリードを保って勝利するのか・・最後の討論会、22日がカギを握ります。

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>