frb

FOMC議事録がタカ派寄りでも、ブルはうなりを上げ最高値を更新

by • April 10, 2013 • Latest NewsComments (0)656

Despite Hawkish FOMC Minutes, Bull Market Continues.

今か今かと待っている調整、来ないどころか10日はダウ平均が2日連続で最高値を更新しました。S&P500は2007年10月高値1576.09pを軽く突破し、一時1589.07pまで史上最高値を達成!そろって過去最高値で取引を終えました。ブル過ぎて私のようなベアはなぎ倒されて白旗状態です。

歴史的な1日が始まる前に、とんでもない番狂わせがありまして・・・。米連邦準備制度理事会が、3月19-20日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録の公表を5時間前倒し、米国東部時間午前9時に行ったんです。なんでも、FRBが9日の米国東部時間午後2時頃と、ちょうど1日前に米議員、金融機関、プライベート・エクィティ(PE)、法律事務所関係者に誤送信したんですって。

9日のS&P500、材料不足のなか午後2時以降に高値をつけてました。
sp500

いわくつきで公表されたFOMC議事録の中身はというと、今年半ばから資産買入の規模を縮小し年末までに終了させるというFOMCメンバーの見通しが示されていたんです。ヘッドラインを受けて、米債売り・ドル買いで反応したのは言うまでもなく。

ただし、ダウ先物の下げ幅はわずかでした。なぜだったのでしょう?ワタクシなりに3つ、考えてみました。

1)資産買入の規模縮小が織り込まれていた
→FOMCメンバーから資産買入れ規模の縮小に関するコメントがすでに伝えられており、ハト派寄りであるサンフランシスコ連銀総裁ですら、今年半ばの資産買取規模の縮小が可能と発言。地ならしを経て、相場へのインパクトが薄れた。

2)米3月雇用統計が予想より弱く、今回のFOMC議事録の内容は無視
→1、2月の雇用統計こそ、①ハリケーン「サンディ」の復興需要、②株価・住宅価格の上昇に伴う資産効果――に支えられたと考えられるが、そろそろ強制歳出削減や貯蓄率低下の影響が出てくる見通し。従って今回のFOMC議事録は今後を見据える上で、大きな材料とはならないとの見方も。

3)資産買入の規模縮小・終了でも緩和寄り政策は維持
→FOMC議事録の内容を受け、エコノミストの見解はほぼ変更なし。また資産買入の終了でも、MBSの償還時期を維持などが予想されている。

バークレイズ・キャピタルのマイケル・ゲイピン米エコノミストは、議事録がタカ派寄りながら、「2013年のFOMC投票メンバーはハト派寄り」と指摘。資産買取規模の縮小を提案する声は、FOMC投票メンバー外からだった可能性があると予想したほか、①財政引き締めの効果、②ドル高の効果――で景気が下押しする場合もあり、資産買取の規模縮小の時期を「2014年1-3月期」で据え置いた。

また出口政策につき、議事録は「数人のメンバー」が住宅ローン担保証券(MBS)を売却しない、あるいはごくゆっくり売却し市場へのマイナス効果を抑制すべきと主張していた。ゲイピン氏はこれを受け、「バーナン議長の議会証言と合わせると、資産売却を出口政策の一環として利用する意欲が後退したようにみえる」と指摘。バランスシートには「2016-19年に償還を迎える米証券が多く、放置すれば自動的に年限を迎える」ことから、今後の協議を見極める必要があるとした。

こうしてみると、バランスシート3兆ドルの重みがずしり。
balancesheet

balancesheet1

出所:ともにChart of the day

JPモルガン・チェースのマイケル・フェローリ米主席エコノミストは、議事録を踏まえ「多くの参加者が今年半ばから終盤にかけての資産買入規模の縮小を見込んでいた」と指摘した。従ってフェローリ氏は、「9月に前倒しされても不思議ではない」とコメント。とはいえ、①これまでFOMCの決定は基本的にハト派的見解に集約されてきた、②数ヵ月先の経済指標は3月分の経済見通しサマリーを小幅に下回る――点に注目し、「従来通り、資産買入の規模を縮小する時期を12月で据え置く」とまとめた。

いかがでしたでしょうか。

いずれにしても、全部が理由でも、FRBのチョンボで得した方たちが吊り上げたとしても、上昇は上昇です。3月後半にゴールドマン・サックスはS&P500の年末予想を1575pから1625p、モルガン・スタンレーも1434pから1600p、ジェフリーズも3月前半に1565pから1673pへ引き上げてました。現在のところ、見通し上方修正は功を奏しております。

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>