image6

夏真っ盛り、クイーンズの地ビールはいかが?

by • July 3, 2014 • Latest News, NY Tips, Out & AboutComments (0)1940

Rockaway Brewery, Straight From The Tap.

今年の独立記念日は、イーストリバーにメイシーズ主催の花火大会が帰ってきます!2008年以来、6年ぶりなんですね。アメリカの国歌「星条旗(The Star Spangled Banner)」誕生から200年という記念すべき年。これまでニュージャージ—州側のハドソン・リバーが選ばれて来ただけに、クイーンやブルックリンなどニューヨーク市民は夏の風物詩のカムバックに安堵しております。

ブルックリン・ブリッジ付近で午後9時から25分にわたり、4万発以上の花火が夜空を彩る夜・・・その前に、イーストリバー・フェリー周遊がてらクイーンズの地ビールはいかがでしょう?

ロッカウェイ・ブルーワリーは、舞台装置デザイナーのイーサン・ロング氏と撮影監督としてエミー賞にノミネートされたマーカス・バーネット氏が創設。ビール好きが嵩じて、2人が住むロッカウェイの裏庭で3年半に製造を開始し、2013年にロングアイランド・シティに移転してきました。今では5種類のビールを数え、醸造所にはタンクや蒸留機が並び、まもなくテイスティング・フロアも完成する予定です。

キュートな入口が目印。
IMAG0142

醸造所内を無料で見学可能。
image3

原材料過程から、こだわって作っています。
image4

こちらで楽しめる5種類のビールは、以下の通り。

サマーエール
アルコール度数 4.9%
真夏の太陽の光を透かしたような薄い金色が目印で、すっきり爽快なのどごしが特徴。

ロッカウェイESB
アルコール度数 6.4%
ロッカウェイ・ブルーワリーが商品化に成功した最初の品種。イングリッシュ・タイプのエールにアメリカンな味わいをプラスしており、コクが広がると同時にクリーミィ。琥珀色をしたボディの置き土産は蜂蜜のごとき豊かな甘み。

オールド・スクールIPA
アルコール度数 6.3%
インディアン・ペール・エールの色調は、インドカーネリアンを連想させる。骨太なバックグラウンド、はじけるホップにフルーティな香りが鼻をくすぐる。

ブラック・ゴールド・スタウト
アルコール度数 5.6%
伝統的なスタウトに、まろやかなモルト風味で唸らせる。ビター・チョコレートやコーヒーのように尾を引く後味が心憎い。ビール党で知られるNYのレストラン経営者ジミー・カーボン氏が選ぶ2012年のおススメに選出。

ハイ・プレインズ・ドリフター
アルコール度数 8.2%
オールド・スコティッシュ・エールとあって、骨太でいて繊細。バーボン樽で熟成させただけあって豊潤であり、かつ口当たりから喉越し、五臓六腑に染み渡るまで変幻自在の風味に感嘆させられる。筆者イチオシの逸品。

気になる営業時間は、こちら。

木曜 午後3時—午後8時
金曜 午後3時—午後8時
土曜 午後12時—午後8時
日曜 午後3時—午後8時

お気に召したら、お買い上げも可能。64オンスなら瓶詰め状態で23ドル、32オンスなら10ドルです。マンハッタンでのせわしない日常から離れ、まった〜りレコードから流れる音楽でビールを飲みたい方はぜひ訪れてみて下さいね。

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Comments are closed.