8429530142_a3183f60eb_z

米4~6月期GDP改定値、個人消費の強さと企業投資の弱さを確認

by • August 26, 2016 • Finance, Latest NewsComments Off1016

Q2 GDP Confirms Strong Consumer Spending And Weak Business Investment.

米4〜6月期国内総生産(GDP)改定値は前期比年率1.1%増と、市場予想に並んだ。速報値の1.2%増からは、下方修正。2015年10~12期の0.8%増(1.1%増から下方修正)を超えたとはいえ、減速感は否めない。

4〜6月期のGDPは前年同期比で1.2%増と、前期の1.6%増を下回り2014年1〜3月期以来で最低だった。なお2015年通期のGDPは2.4%増、2014年に続き2010年以来で最高を遂げた。

新車販売台数や小売売上高が好調だったように、成長の7割を占める消費は4.4%増と速報値の4.2%増から上方修正した。前期の1.5%増から上振れし、2014年10〜12月期以来の力強さをみせた。GDPの寄与度は従来の2.83%ポイントから2.94%ポイントに上方修正され、前期の1.11%ポイントを上回る。

▽個人消費の内訳
・耐久財 9.9%増、2014年10〜12月期以来の高水準>速報値は8.4%増>前期は0.6%減、2011年4〜6月期以来の減少
・非耐久財 5.7%増<速報値の6.0%増と2006年10〜12月期以来の高水準、前期は2.1%増
・サービス 3.1%増、2014年10〜12月期以来の高水準>速報値の3.0%増、前期は1.9%増

民間投資は、まちまち。企業の設備投資である機器投資が3期連続で減少しつつ、前期から上方修正された。構造物投資は、下方修正された。同じくこれまで成長を支えてきた住宅投資は約2年ぶりにマイナスに転じ、2010年7〜9月期以来で最大の減少率を記録しただけでなく速報値から引き下げられた。民間投資の寄与度はマイナス1.67%ポイントと、速報値の1.68%ポイントのマイナスからほぼ変わらず。前期の0.56%から下げ幅を拡大した。3期連続でのマイナス寄与は2007年7〜9月期から2009年7〜9月期以来となる。

▽民間投資の内訳
・民間投資 9.7%減、3期連続で減少し2009年4〜6月期以来で最低=速報値は9.7%減、前期は3.3%減
・固定投資 2.5%減、3期連続で減少し2009年4〜6月期以来で最低>速報値は3.2%減、前期は0.9%減
・非住宅 0.9%減、3期連続で減少<速報値は2.2%減、前期は3.4%減で2009年7〜9月期以来で最低

・構造物投資 8.4%減、2011年1〜3月期以来で最低<速報値は7.9%減、前期は0.1%増
・機器投資 3.7%減、3期連続で低下<速報値は3.5%減、3期連続で低下し、前期は9.5%減と2009年1−3月期以来で最低
・無形資産 8.6%増>速報値は3.5%増、前期は3.7%増
・住宅投資 7.7%減、2010年7〜9月期以来で最大<速報値は6.1%減、前期は7.8%増

Q2GDPで、企業投資は底打ちを示すのか。

gdp
(出所:MGSSI)

在庫投資が2011年7〜9月期以来初めて減少した上に速報値からか下方修正されたため、GDPへの寄与度はマイナス1.26%ポイントと速報値のマイナス1.16%より悪化した。5期連続のマイナスとなる。政府支出の寄与度も速報値のマイナス0.16ポイントからマイナス0.27%ポイントへ拡大、約1年半ぶりにマイナスへ反転となった。一方で、純輸出の寄与度は下方修正されつつ2期連続でプラスだった。

▽その他
・純輸出の寄与度 0.10%ポイント、3期ぶりにプラス<速報値は0.23%ポイント、前期は0.1%ポイント
・在庫投資 124億ドル減、2011年7~9月期以来のマイナス<速報値は81億ドル減、前期は407億ドル増

▽政府支出
・政府支出 1.5%減、2014年10〜12月期以来のマイナス<速報値は0.9%減、前期は1.6%増
・連邦政府 0.3%減、2期連続のマイナス<速報値の0.2%減、前期は1.5%減
(連邦政府は防衛支出が3.1%減と重しに、州政府・地方政府も2.2%減と1.3%減へ下方修正され政府支出を補った)

GDPデフレーターは前期比年率2.3%上昇し、市場予想の2.2%並びに速報値の2.2%を下回った。原油先物の反発を支えに、前期の0.5%を大きく上回る水準を保つ。PCEデフレーターは、原油先物の回復を背景に前期の0.3%を上回る2.0%の上昇。コアPCEデフレーターは1.8%の上昇と速報値の1.7%から上方修正された。ただし、前期の2.1%から鈍化したままだ。2014年4―6月期の水準及びFOMCのインフレ目標値「2%」から再び遠ざかりつつある。

企業利益は前期比1.2%減と、1~3月期の3.4%増を下回り減少トレンドへ戻した。前年比は4.9%減と、1~3月期の6.6%減に続き5期連続で減少している。

▽米7月貿易赤字・速報値、予想・前月から改善

米7月貿易収支・速報値は593.23億ドルの赤字となり、市場予想の630億ドルを下回った。2015年8月以来の高水準だった前月の645.38億ドル(修正値)から改善している。輸出が前月比2.4%増(前年比3.3%減)の1222.57億ドルだった半面、輸入が同1.3%減(前年比2.6%減)の1820.80億ドルとなり、赤字が縮小した。

――米4〜6月期GDP改定値は、上方修正されず。個人消費こそ引き上げられたものの、民間投資がさえません。ただし、少なくとも米7月耐久財受注米7月鉱工業生産は改善しました。米7月卸売在庫こそ勢いを見せなかったものの米7月貿易収支の改善も心強く、少なくとも2%成長は達成できそうです。

(カバー写真 : Asian Development Bank/Flickr)

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Comments are closed.