3332615682_a2cb7d3746_z

米Q3家計債務、自動車ローンが過去最高で延滞率も上昇

by • December 5, 2016 • Finance, Latest NewsComments Off994

Household Debt Rises Driven By Auto Loans, Delinquency Also Up.

ニューヨーク地区連銀が発表した調査によると7~9月期の全米家計債務残高は12兆3,500億ドルだった。今回は前期比630億ドル増加(0.5%増)し、2009年4~6月期以来で最大に膨らむ。ピークに達した2008年7~9月期の12兆6,800億ドルまで、あと2.6%に迫った。活発なデレバレッジ(=借入の返済)が収束した2013年4~6月期の11兆1500億ドルからは、10.7%も上回る。

家計債務、自動車ローンがけん引し増加トレンド。

debt
(作成:My Big Apple NY)

内訳は、以下の通り。

・住宅ローン→8兆3,500億ドル(前期比120億ドル減、前年比900億ドル増)
・ホームエクィティ→4,720億ドル(前期比60億ドル減と6期連続で減少、前年比200億ドル減)
・非住宅関連債務→2兆3,900億ドル(前期比500億ドル増、前年比800億ドル増)

住宅ローン部門の水準としては、2011年7~9月期以来で最高だった1~3月期から2期連続で減少した。ただし借換を含む新規住宅ローン組成額は4,770億ドルと、金利上昇前への駆け込み需要も重なって1年ぶりの水準へ回復した。なお2014年4~6月期には2,860億ドルで、2000年以来で最低を記録していた。

住宅ローンを借り入れた住宅購入者のうち75%が優良プライム層である720点以上で、前期の74%を超え1年ぶりの高水準。金利上昇局面で、質の高い借り手のシェアがじわり高まった。なお2003年以降で最高は2012年4~6月期の82.5%、最低は2007年1~3月期の51.8%となる。

90日以上の延滞率は住宅ローンで1.63%と、前期の1.76%を下回り2007年1~3月期以来の水準まで改善した。ホームエクィティは逆に、2008年1~3月期以来で最低だった前期の1.96%から、2.03%へ上昇した。

住宅ローン組成額のうち、優良プライム層が引き続き大勢を占める。
mortgage
(作成:My Big Apple NY)

住宅ローン組成額が減少した通り、銀行の住宅ローン組成額はまちまち。住宅ローン融資最大手の米銀ウェルズ・ファーゴは前年同期比27%増の700億ドルだったが、JPモルガン・チェースは9%減の271億ドルとなる。

非住宅関連債務、主な内訳は以下の通り。

・自動車ローン→1兆1350万ドル(前期比320億ドル増、前年比900億ドル増)
ローン残高は22期連続で増加した結果、過去最高に達した。自動車ローン組成額は1,500億ドルとなり、2003年以降で4番目の高水準を示す。

新規の自動車ローン組成のうち、信用スコア620点(低信用で返済能力が乏しいサブプライム層)以下と割合が20.9%と前期の22.6%を下回り、2013年1~3月期以来の21%割れを示した。なお2004年以降で最高は2006年4~6月期の31.8%、最低は2010年7~9月期の17.1%となる。

90日以上の未払い率は3.58%と、前期の3.46%を超え2013年1~3月期以来で最高を示した。

銀行の自動車ローン組成額動向も、住宅ローンと同じくまちまち。自動車ローン貸出残高で米銀1位のJPモルガンの自動車ローン組成額は前年同期比15%増の93億ドルだった。逆に2015年3月にサブプライム層の融資に上限を設定した影響もあって、2位のウェルズ・ファーゴは2%減の81億ドルとQ2から前年比ベースで減少に転じている。

自動車ローン、サブプライム層(620点以下)のシェアは低下も4割を維持。

auto
(作成:My Big Apple NY)

自動車以外の主なローン動向は、以下の通り。

・クレジットカード→7,470億ドル(前期比180億ドル増、前年比330億ドル増)
→2010年10~12月期以来の水準へ拡大した。90日以上の延滞率は統計開始以来で最低だった前期の7.1%を若干上回り、前期の7.2%だった。
・学生ローン→1兆2,790億ドル(前期比200億ドル増、前年比760億ドル増)
→ローン残高は増加トレンドを維持。90日以上の延滞率は10.9%と、前期の11.06%を下抜け2014年4~6月期以来の低水準だった。

家計債務全体での支払い延滞率(90日以上)は3.28%と、前期の3.34%を下回り2007年7~9月期の低水準を遂げている。残高全体に占める90日を含めた延滞そのものの割合は全体で4.9%と2006年10~12月期以来で最低だった前期の4.8%をわずかに超えた。

貸出残高に占める全体で延滞の割合、自動車ローンが押し上げ低下一服。
delinquncy
(作成:My Big Apple NY)

――家計債務がリーマン・ショック直撃の頃以来の水準まで拡大し、自動車ローンの貸出残高が過去最高を塗り替え、さらに自動車ローンの延滞率が上昇するという悩ましい結果となりました。全体の延滞率は住宅ローンや学生ローンが全体を押し下げたため低下していますが、自動車ローンを中心にサブプライム層の信用動向に悪化のサインが点灯したも同然。米11月新車販売台数はインセンティブ拡大でスポーツ多目的車(SUV)やトラックが回復したとはいえ、この流れが続くとは想定しづらい。ネガティブ・エクィティのマイカーが下取りされるケースが増えていることもあり、新車販売台数の行方に暗雲が立ち込めてきました。

(カバー写真 : Roadsidepictures /Flickr)

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Comments are closed.