15295189893_37d4983935_z (1)

米3月小売売上高、2ヵ月連続での減少率は過去2年で最大

by • April 14, 2017 • Finance, Latest NewsComments Off757

Retail Sales Marks The Worst 2-Month Back-to-Back Drop In 2 Years.

米3月小売売上高は前月比0.2%減と、市場予想の±0%を下回った。前月の0.3%減(0.1%増から下方修正)と合わせ、2ヵ月連続での減少率は2年ぶりのを記録している。米3月新車販売台数が約2年ぶりの水準へ減速したように、自動車が3ヵ月連続で減少。自動車を除いた場合も±0%と、前月通り(0.2%増から下方修正)となり、さえない。ただ、国内総生産(GDP)の個人消費のうち約4分の1を占めるコントロール小売売上高(自動車、燃料、建築材、外食などを除く)は前月比0.5%増と、前月の0.2%減(0.3%減から上方修正)から改善1~3月期の前期比年率は4.1%増と、足元のトレンド保つ。

内訳をみると、主要13カテゴリー中で7項目がプラスとなり前月の4項目から増加した。今回は電化製品が好調だったほか、雑貨や服飾などが支えた。一方で原油価格が50ドル割れを迎えガソリンスタンドが2ヵ月連続で落ち込んだほか、自動車・部品や建築・庭園、外食も弱い。項目別の詳細は、以下の通り。

(プラス項目)
・電気製品→2.6%増>前月は0.4%増、6ヵ月平均は0.2%増
・雑貨→1.8%増>前月は1.9%減、6ヵ月平均は0.2%増
・服飾→1.0%増>前月は2.7%減、6ヵ月平均は0.2%減

・非店舗(オンライン含む)→0.6%増=前月は0.6%増、6ヵ月平均は0.8%増
・食品/飲料→0.5%増>前月は±0%、6ヵ月平均は0.2%増
・一般小売→0.3%増>前月は0.4%減、6ヵ月平均は0.4%増
(*百貨店は0.2%増>前月は1.0%減、6ヵ月平均は0.2%減)
・ヘルスケア→0.1%増<前月は0.9%増、6ヵ月平均は0.4%増

(マイナス項目)
・家具→0.3%減<前月は0.2%増、6ヵ月平均は±0%
・外食→0.6%減<前月は0.3%減、6ヵ月平均は0.3%減
・スポーツ用品/書籍/趣味→0.8%減<前月は0.4%増、6ヵ月平均は0.3%減

・ガソリンスタンド→1.0%減<前月は0.3%減、6ヵ月平均は1.1%増
・自動車/部品→1.2%減<前月は1.5%減、6ヵ月平均は0.1%減
・建築材/園芸→1.5%減<前月は2.6%増、6ヵ月平均は0.9%増

実質個人消費は、3月に改善するか見極めが必要。

retailsales
(作成:My Big Apple NY)

――米3月小売売上高は3月半ばの大雪や米3月新車販売台数の不振を受けてヘッドラインこそ弱い数字でした。しかしGDPに反映されるコントロールではしっかりとした伸びを示し、引き続き個人消費が成長を押し上げていく見通し・・・かと思いきや、そうは問屋が下ろしません。米3月消費者物価指数がまさかの落ち込みを示し、実質消費の鈍化が見込まれます。アトランタ地区連銀は、結果を受け米1~3月期GDP予測値を従来の0.6%増から0.5%増へ下方修正しました。やはりトランプ政権発足後の経済は米株高や上振れしたセンチメントは、実体経済と乖離していたようです。

(カバー写真:Graeme Tozer/Flickr)

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Comments are closed.