15815545_690ac02bd5_z

米4月住宅着工件数、5ヵ月ぶりの低水準も足元のレンジ上限を維持

by • May 19, 2017 • Finance, Latest NewsComments Off794

Housing Starts Decrease For The First Time In 5 Months.

米4月住宅着工件数は年率117.2万件と、市場予想の126.0万件を下回った。前月の120.3万件(121.5万件から下方修正)を2.6%下回り、5ヵ月ぶり低水準。景気後退以前のレベル回復という快挙を遂げた2016年10月の132.0万件でピークアウト感が漂いつつ、レンジとしては上限を維持している。金利上昇が一服し書き入れ時を迎えたものの、材木など原材料価格の上昇や需要の鈍化もあって前月の6.6%増から0.7%増へ減速した。

内訳をみると、一戸建てが前月比0.4%増の83.5万件と前月の5.4%減から小幅に改善した。過去6ヵ月間で3回目の増加を示す。複合住宅は9.2%減の33.7万件となり、4ヵ月連続で減少した。一戸建ての前年比は8.9%増と8ヵ月連続で増加し、複合住宅は逆に15.1%減と2ヵ月連続で増加した。

住宅着工件数は減少、リセッション前の平均値は遠い。

housingstarts
(作成:My Big Apple NY)

4大地域別では、2地域で増加し前月の1地域から減少した。中西部が41.1%増の20.6万件と4ヵ月ぶりに増加に転じたほか、IT産業が集まる西部も5.4%増の29.5万件と前月から改善した。複合住宅が集中する北東部は37.3%減の7.9万件で、前月から大幅減に反転。住宅市場の規模が最大の南部は9.1%減の59.2万件と3ヵ月連続で減少した。

米4月建設許可件数は122.9万件となり、市場予想の127.0万件を下回った。前月の126.0万件を2.5%下回る。内訳をみると、一戸建てが4.5%減の78.9万件と2ヵ月連続で減少し過去6ヵ月間で3回目の減少に。複合住宅は1.4%増の44.0万件と、2ヵ月連続で増加した。

米4月建設中件数は前月比±0%の107.4万件と、件数ベースでは少なくとも2007年12月以来の高水準となった2月以下の水準を保つ。一戸建てが0.7%増の106.8万件と増加に転じた一方、複合住宅は0.5%減の61.7万件と2ヵ月連続で減少し一戸建ての伸びを抑えた。

▽MBA住宅ローン申請件数指数は低下、下げ幅は2016年12月以来で最大

全米抵当貸付銀行協会(MBA)住宅ローン申請件数指数は、5月12日週に前週比4.1%低下し398.8となった。前週から低下に転じ、下げ幅は2016年12月以来で最大に。過去5週間で3回目のマイナスを示す。借換が5.7%低下の1269.1と前週の3.3%の上昇を打ち消したほか、新規も2.7%低下し398.8と3週ぶりにマイナスへ沈んだ。住宅ローン申請件数指数は前年比では15.8%低下し、借換が36.5%のマイナスとなり、新規は9.2%のプラスを示す。

30年固定金利型の住宅ローン金利(平均)は前週の4.23%で変わらず。ただし、前年同期の3.82%を上回ったままだ。15年固定金利型(平均)は3.51%と、前週の3.50%から若干上昇。FHAのローン金利は、前週の4.09%から4.11%へ上昇した。

MBA住宅ローン申請件数指数、前年比ではマイナスが続く状況。

mba

(作成:My Big Apple NY)

申請全体に占める借換の割合(件数ベース)は41.1%と、前週の41.9%から低下し2008年9月以来で最低だった。金利上昇が一服するものの金利先高観から借換需要が後退したため、2009年6月以来の低水準である2015年7月3日週の48.0%以下を続けている。

――住宅着工件数の一戸建てのうち75%が販売向けとされるため、63万件が新たに市場へ流入する見通しです。米3月新築住宅販売件数を踏まえると、在庫が改善する余地を残します。その割に、MBA住宅ローン申請件数指数が減速した点は気掛かり。今回の借換規模は直近で最低にとどまり、しかもNAHB住宅市場指数の見込み客指数も翳りが見えてきました。労働市場が“完全雇用”に近いというのに住宅市場が活性化しない理由としては、1)在庫逼迫に伴う住宅価格の高騰、2)金利上昇懸念、3)比較的厳格寄りな銀行融資(サブプライム層は住宅ローンの融資が下りにくい)、が挙げられるでしょう。NY連銀が発表した家計債務調査でも、住宅ローンの組成対象は引き続き高い信用力を持つプライム層に限られていました。ロシアゲートで仮に弾劾裁判に発展すれば、税制改革や規制緩和、インフラ投資拡大が後ろ倒しとなり一時的にも景気を冷やしかねません。

(カバー写真:chaim zvi/Flickr)

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Comments are closed.