Faebook、利用者5億人突破に潜む罠

by • August 24, 2010 • NY TipsComments (0)263

Facebookを利用して、はや2年以上がたったでしょうか。今となってはインビテーションやメッセージが届くこともあって、毎日チェックを欠かしません。最近では、仕事のネタ探しに皆さんの更新状況を追ったりしています。こう言うと新手のストーカーみたいですが・・・。皆さんの現在状況に対するコメントを見て、NFLシーズンの到来に気づいたり、哲学的な思想を享受したり、日々の移り変わりを画面と写真のダブルジョイントで感じております。

Facebook、7月21日には利用者数が5億人を突破したと報告しましたねぇ~。2004年にサービスを開始してからわずか6年で米国、フランス、メキシコの人口を上回る人々がFacebookというネットワークでつながったことになります。

↓ザッカーバーグCEO、矢印が示す通り右に並ぶものなし??

My Big Apple

Facebookの大成功の陰で、パーティーに出かけても携帯にくぎ付けになっている人の多いこと。Webサイト・モニターのPingdomのレポート によると、それもそのはずの驚愕の数字が飛び出しました。

1カ月の訪問者数、ベスト10をみると

10位 カナダ 1500万人

9位 トルコ 1600万人

9位 メキシコ 1600万人

7位 ドイツ 1800万人

6位 インド 2100万人

6位 フランス 2100万人

4位 イタリア 2600万人

4位 インドネシア 2600万人

2位 英国 2800万人

そして皆さんの予想通り、1位は米国なのですが、その数なんと

1.3億人!!!!!!!




ありえないです・・・。だって、米国の人口が3.0億人ですから、1カ月の訪問者数は国の人口の3分の1を占めていることになるんですよ。ちなみに、日本はベスト20位内にも食い込んでいません。日本語でも利用可能とはいえ、やはりMixiの存在が大きいのでしょうね。



一方、急激な利用者数の裏で、弊害も発生しております。最近では「 i hustled $971 in a weekend. i just deposited the money! it really works: cashreport.org」などとの悪質なねずみ講的な勧誘メッセージが個人的なアカウントに書き込まれる事態が頻発しているのですよ。私も、すでに片手以上の書き込みを受け取りました。もちろん、お友達自身が書き込んだメッセージではなく、ハッカーによる仕業です。

↓世界中のお友達とリンクできる空間は、プライバシー侵害の温床と化しておりました。

My Big Apple


さらには、Facebookの登録に必要なメールアドレスにまでハッカーの魔の手が伸びております。先日も、私が使用するHormailアカウントのメール経由で私の知らない間に、アドレス帳に登録する人々に対してスパムメールが送られていました・・・。



同僚に指摘され、初めて気づいた次第です。この場を借りて、スパムを送られた皆さまには心よりお詫び申し上げます。またどなたか対策をご存知でしたら、どうぞお力をお貸し下さいませ。

また登録にあたって、本人確認ができないことから企業が個人を監視目的でFriend Requestを送りつけることもしばしばだと言います。たとえば債権回収業者や保険金支払い査定業者などが、密かに利用しているという嘘のような本当の話も。

採用担当者ですら、Facebookを通じ応募者の素行調査を行っているとの観測もあります。どうぞ皆さま、プライベート情報流出に、お気をつけあそばせ。かくいう私は本名で登録してますけど、写真と近況情報の書き込みには細心の注意を払ってます。だからいつも、パーティー写真しかアップロードしてないんですよ。(←全然ちゃうか・・爆)

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>