80526742

お金持ちと結婚したい女性へのJPモルガンCEOの返事、そしてガウェインの結婚

by • November 10, 2011 • NY TipsComments (2)3865

日本の株式トレーダーさんから、こんな秀逸なニュースをメールを通じて届きました。「ゆ」さん、いつも本当にありがとうございます。

お金持ちと結婚したい女性の皆さん、そして美しい女性を追い求める男性を含め、熟読下さい。

JPモルガン・チェースCEOへのある女性の質問メール (以下抜粋)

”件名:どうやったら金持ちの男と結婚できるのか?

正直に、はっきりと聞きます。私、年収50万ドル以上の男と結婚したいと思ってるんです。今25歳で、見た目は結構可愛いと思ってて、スタイルもいいと思うんだけど。

確かに、欲張りかもしれませんよね。でもニューヨークの中間所得層の年収が100万ドルくらいだし、大したことないと思うんです。それで、御社主催のフォーラムに来てる人で年収50万ドル以上の人っていますか?それとも、みんな結婚してるんですか?

質問は一つだけ: どうやったら金持ちの男と結婚できるか。

実際に、年収20万ドルくらいの人とは付き合ったことはあるんですけど、それ以上の年収の人と付き合ったことなくて、もしニューヨーク西側にあるNYガーデン(←これ意味不明、NY市内でそんな地名はありません)って所に引っ越すと考えたら、20万ドルの収入じゃ少ないと思うんです。

だから、少し聞きにくいんですけど、いくつか質問です。

1) 金持ちの学士を持ってる人っていうのはどこで遊んだりしてるんですか?(できれば、レストランの名前とか、具体的なバーの場所とか、ジムとかの住所)

2) どれくらいの年齢層を狙えばいいのか。

3) なんで金持ちのほとんどの妻の見た目が普通なのか。何人か会った事あるなかじゃ、普通以下(笑)、なのに金持ちの男と結婚できてるんです。

4) どうやって結婚する女性を選ぶのか、どういう人が彼女向けなのか (私の狙いは結婚すること)

よろしく。

若くて魅力的な女より。”

これに対する、JPモルガン・チェースCEOのお返事。(以下、もらったメールをさらに我流にまとめました)

”若くて魅力的な魅力的な女性へ

興味深いメールを拝読しました。あなたのように考える女性は少なくないでしょう。

私は年収が100万ドル以上なので、あなたの条件を満たしているというわけで、「一人の投資家」として回答させて下さい。

ビジネスマンの観点でいうと、あなたの「美しさ」と僕の「お金」を交換することになる。ここに、大きな問題が横たわっているんですよ。だって、僕の「お金」は年々増えるけど(景気後退でクビになる理由はこの際おいておいて)

、あなたは毎年美しさに磨きがかかるわけではない。

従って僕は「魅力的な資産」と言えるが、あなたは「資産価値が低い」と判断できる。ウォールストリートで、資産価値を低いものをトレード(=交換)する場合は、「短期トレード」というのがあるわけだが、資産価値が低い場合は「短期」にとどまり、決して「長期」、君の言う「結婚」に相当しない。

つまり言い方が少し悪くなるんだけど、あなたは資産としては、「売り」か「短期トレード」、つまりあなたがいうところの「デート相手」でとどめた方が賢い選択という結論になる。つまり、あなたとは「デート相手」であって「結婚相手ではない」ってこと。アドバイスをするなら、金持ちのお馬鹿さんを探すより、自分自身で年収100万ドル稼いだ方が、いいと思うよ。

あ、あともし「短期トレード(→愛人かしら)」に興味があるなら、連絡してね。

JPMのCEOより。”

↓メールをもらったときは、こんな風にニンマリしたんでしょうか。

My Big Apple

BARやクラブでは独身女性が全身着飾り、生き馬の目を抜くマンハッタンでございますが、実際に私が目にした「お金持ち」男性の伴侶、美人よりも聡明な方が多かったですね。特に大手金融機関やヘッジファンドで勤務する頭脳明晰な男性に、その傾向が高い。特に皆さんがご存知の大手ほど、超過勤務時間という事情もあって、MBAやらCFA持ちが職場結婚しているパターンが圧倒的です。

実際、職場結婚した金融機関勤務の男性いわく「顔は変わるけど、中身とセンス(相性も含めて)は変わらないからね」ですって。おっしゃるとおりでございます。ま、美人は3日で飽きますしね・・。

若くて魅力的な女性とJPMのCEOとのメールの逸話を申し上げたら、上司からこんな物語が届きました。

~ガウェインの結婚~

5世紀後半から6世紀初めに活躍したアーサー王物語のお話です。アーサー王が自分の領地に住む乙女の訴えを聞き、勇んで愛剣エクスカリバーを引っさげて領地を占領した邪悪な王子に立ち向かいました。しかし敵の城に魔法がかかっていて、入るなり気持ちがくじけ、まんまと邪悪な王子の捕虜になってしまいました。

↓「King Arthur」、2004年に映画化されましたね。

My Big Apple

邪悪な王子はアーサー王に、ひとつの条件を差し出して命を助けることにしました。その条件とは、

「すべての女性の望みはなにか」

農民、商人、職人、貴族、未婚、子持ちあらゆる女性に質問してまわるんですが、当然分からず。期限間近になってうちひしがれたアーサー王がとある森のなかに入っていくと、目を背けたくなる老婆がしゃがみこんでいました。その老婆の傍を気持ち悪いと思った王が横切ろうとすると、老婆は王を呼び止めます。彼女は王の無礼を「レディになんたること!」と厳しく叱責した後で、

「あなたが求めるものを教えてあげよう。ただし、若くて健康で立派な騎士をムコにほしい」

と語りかけました。そこでアーサー王は約束の日、まんまと邪悪な王にこの回答を渡して、勝利できたのです。運命の回答とは・・・

「自分の意志をもつこと」

アーサー王が邪悪な王に勝利して自分の城に帰還したものの、王の気持ちは晴れません。なぜなら、老婆に若くて立派で若い騎士を献上しなければならなかったからです。王の嘆きを察し、ガウェインという最も腹心の騎士が立候補し、老婆と結婚式を挙げることになりました。

しかし初夜のこと。ガウェインは老婆の顔をまともにみれず、背中を向けて床に就きます。

老婆は 「わが夫よ、あなたは新婚初夜というのに、わたくしを見ようともなさらず、つまらなそうにため息ばかりついておられる。なぜですか」と尋ねます。

ガウェインは答えます。「ため息ばかりついている理由は三つある。ひとつ、あなたが老人であること。二つ、あなたが醜いこと、三つ、あなたの身分が低いことだ」

それを聞いて老婆は、反論するにいたります。「ひとつ、確かに私は年老いているが、それだけ人よりも思慮が深く知恵に富んでるということです。決して、悪いことではありません。二つに、妻が醜いことは、夫にとって幸運です。なぜなら、他の男が言い寄ることを心配しなくてもよいから。三つに、人の価値は生まれや身分で決まるものではありません。魂の輝きによるものです。」

ガウェインはその言葉に心を打たれ、振り返って老婆に目を落とします。すると老婆だったはずの女性は、目を見はるばかりのきらびやかな美女に変身しておりました。実は老婆、魔法をかけられて変わりきった姿となっていただけだったのです。

美女はおもむろに、「二つの願いがかなわなければ、元の姿には戻れないのです」と明かしつつ、「立派な騎士を夫にするというひとつの願いがかなえられたので、私は一日の半分をもとのこの姿で過ごすことができるようになりました」と秘密を明かしました。そして「もとの姿でいられるのは、昼がよいですか、夜がよいですか。わが夫よ。お選びください」と尋ねたのです。

ガウェインはこういいました。「その美しい姿は、二人だけの夜の時間に見せてほしい。できれば、その美貌を他の男たちに見られたくはないものだ」。

女性の水も滴る美しさに独占欲が頭をもたげたわけです。しかし女性は、自分の意見をはっきり述べます。
「女というものは、他の殿様方やレディとお付き合いするときに美しい姿でいられたら、それはそれは幸せなんですよ。」

それを聞いて、しばらく考えたあとガウェインは言います。「おまえの好きにするがよい」

すると、花嫁が満面の笑みを浮かべました。「たった今、二つ目の望みがかないました。私は昼も夜ももう老婆に戻ることはありません」

二つ目の願い事がなんだったか。そう、「自分の意志を持つこと」。

アーサー王の時代から約1500年経過しますが、女性には「自分の意志をもつこと」がついてまわります。

Comments

comments

Pin It

Related Posts

2 Responses to お金持ちと結婚したい女性へのJPモルガンCEOの返事、そしてガウェインの結婚

  1. SECRET: 0
    PASS:
    とても興味深い記事でした^^
    メールを通して様々なことが学べますね。また読ませて頂きたいと思う次第です。

  2. saw81210 says:

    SECRET: 0
    PASS:
    >偉人の教えで一億稼ぐ方法@平山公威さん
    ご丁寧なコメント、どうもありがとうございます。皆様の右脳と左脳を、ちょこんとでも刺激できるお話をお届けできればと、日々ない頭をしぼってます。今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>