Your Voice、Your Money、Your Voice・・NH州が選ぶのは?

by • January 10, 2012 • NY TipsComments (0)233

ニュー・ハンプシャー州で開催される共和党大統領候補のディベートを控え・・・リベラル派が多いニューヨーカーの間でフェイスブックのステータス・アップデートは・・・さすがアメリカです。フットボールネタばかり!!!!
「Go big blue!!」(ブルーはNYジャイアンツのカラーです)
「NY Giants Baby!!」
where the f* are you dominos! I’m starving and your pizza tracker is pointless! hurry up man! football with no dominos = :(
↓試合観戦前にこんな完全武装の姿を更新するアメリカ人も。Jetsはプレーオフ進出ならずでは・・。
My Big Apple
と、男性を中心にフットボールへの熱い思いをぶつけておりました。そのなかで、爆笑したアップデートは、これ。
‎2012 Republican debate – Your voice, your vote vs. Football
まさに的を得たコメントですね・・・ちなみに、これが中国中央電視台に勤める女性だったので、余計にウケました。ちなみに中国中央電視台って、完全民間なんですね。100%広告収入体制とは、知らなかった・・。
彼女が使った「Your voice, your vote」は、VoiceとVoteを逆にすると選挙意識向上を目指す非営利団体の名称にまります。CNBCは、共和党大統領候補のディベートなど、選挙関連のニュース配信のコピー文句を金融経済専門チャンネル局らしく「Your Money, Your Vote」と変えてますよ。
アイオワ州の予備選で辛勝したロムニー候補。よく指摘されるように国民皆保険をマサチューセッツ州で導入しており保守派のおぼえがめでたくないことで知られる一方で、2011年6月、フロリダ州タンパで行った選挙キャンペーンでの演説での失言も、問題視されています。そう、あの「私も失業者である 」という、あの発言ですね。ニューヨーク・タイムズ紙でも「20年以上にわたって民間企業で勤務した経歴があるとはいえ、ピンク・スリップ (解雇通知を受け取る恐怖を経験したという説明ができていない」と断じてます。まーNYT紙はリベラル新聞ですけど・・。
一方で、アイオワ予備選で奇跡の2位をもぎ取ったリック・サントラム元米上院議員(ペンシルベニア州選出)は、キリスト教原理主義者ですね。中絶、同性婚に絶対反対の立場をとり、イラク戦争にも積極的な関与を求めるなど、カチコチの保守派。その一方で、2008年の大統領選ではマケイン米上院議員(アリゾナ州選出)ではなく、現在ではライバルとなる穏健派ミット・ロムニー氏を支持してました。
↓穏健VS保守、勝利の女神はどちらに微笑むのか・・。

My Big Apple

そんなポイントもさることながら、サントララム氏に最近は長男を母親を守るために早期分娩した結果亡くした長男を除く7児の父という顔以外の、きな臭い面が取り沙汰され始めました。2010年の収入には、ロビー団体、地震を引き起こすとして反対意見が多い水圧破砕式で天然ガスを採掘するエネルギー会社、はてには収賄問題に揺れる複合型の病院からの多額な資金が含まれています。
トップ候補は、いかにして困難を乗り越えて共和党大統領候補の権利をもぎ取るのか。ニューハンプシャーでは、ロムニー候補が袋叩きになっておりましたが・・。
個人的には、ジョン・ハンツマン候補が気になっております。いまのところ、CNBCが報じたニューハンプシャー州民を対象としたこの調査 では支持率13%と、1週間前の43%から33%へ地滑りを引き起こしたロムニーの33%、そしてロン・ポール候補の20%に次いで3位。アイオワ州で8票差の僅差で敗北したサントラム候補は、4位の10%なんですね。
ハンツマン氏は大富豪の出身でユタ州知事に上り詰める以前、台湾での滞在経験から漢字名を自ら選んだといきさつがあるのは興味深いですね。インドや中国から養子を受け入れており、ある意味ホワイトハウスのブラッド・ピット+アンジェリーナ・ジョリーを彷彿とさせます。一方で実務家でもあり、レーガン時代には補佐官、ブッシュ・シニア時代には東アジアでの経験を十分に生かして商務次官補を務め、オバマ米大統領は中国大使に指名するにいたりましたよね。
ロック・ミュージシャンを志したやんちゃな一面があるのも、奥様方にはたまらないのでは。CNBCの政治・経済ディスカッション番組「Kudlow and Company」にニューハンプシャー州予備選の直前である9日に出演した折に、黒革のジャケットを白いシャツに合わせた姿が憎らしかった。革ジャンでも、テキサス州のカウボーイおじさんでは、けっしてない洗練さが漂っておりました。
↓懐かしの昼メロ「ゼネラル・ホスピタル」の先生みたい!!

My Big Apple

ではジョン・ハンツマンの支持者はどんなんでしょ。昨日お届けした「フェイスブック・データが暴露する、共和党大統領選挙候補者の支持者が『いいね』をクリックしたコト」で解剖してみましょうね。
書籍
1)「The Revolution」-Ron. Paul(あれ、ハンツマンのライバルですけど)
2)「Game Change」-John Heilemann and Mark Halperin(2008年の大統領選を振り返ります)
3)「The Road to Serfdom」-F.Y. Hayek (日本でも大流行したハイエク先生の『隷属への道』です)
4)「Decision Points」-George .W. Bush(ベスト3には食い込めなかったものの、善戦ですな)
音楽
1)Ava Aston(NY出身のインディペンデント系ポップミュージシャン)
2)Mormon Tabernacle Choir(モルモン教徒が多いでしょうからね。)
3)Donny Osmond(俳優、歌手、パーソナリティを務めるタレント、元ティーン・アイドルだそう)
スポーツ・趣味
1)G.W.University Colonials
2)The University of Utah Athletics
3)Real Salt Lake
→1位のワシントンDCにある大学バスケットボール部以外は、ユタの地域色全開!!!!

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>