Phil Schiller

iPhone 5販売目前特集①、アメリカで買えばどうなる?

by • September 19, 2012 • Latest NewsComments (0)996

Gaining iPhone 5 May Mean Losing Your Money.

iPhone 5、いよいよアメリカでは9月21日に販売を開始します!既報のとおり、NYの5thアベニューに建つアップルストアでは、初日にiPhone 5をゲットしようとすでに行列が出来上がる興奮っぷり。CNNマネーによると、いの一番に列を作った方は54歳のHazem Sayed氏と31歳のSage氏で、8日前の13日、午後8時からテントを張ったんですって。単なるマニアではなく、Vibeというソーシャルメディア開設にあたってのプロモーション活動の一環だそうです。

雷雨に襲われた18日の夜、彼らはどうやり過ごしたのでしょうか。

行列の第1陣が到着したのが8日前だけに、予約台数もアンビリーバボー。17日に予約開始ししてから、24時間で200万台を突破し「4S」の2倍にまで膨れ上がったんですよね。

こんなニュースを手掛かりに株価が上がらないはずもなく。18日の引け値はゆうゆう700ドル超えの2.13ドル高(0.3%高)の701.91ドルで引けました。スターン・アギー、目標株価を840ドルへ引き上げるはずです。

飛ぶ鳥を落とす勢いのiPhone 5、販売台数だけでなく気になるのがお値段。携帯サービス会社からの購入ではない、SIMカードフリーのアンロック版になりますと、

16GBで$649(5万950円)
32GBで$749(5万8800円)
64GBで$849(6万6650円)

携帯サービス会社、アメリカでiPhoneを提供するベライゾン、AT&T、スプリントとの契約ベースの値段なら
16GBで$199(1万5620円)
32GBで$299(2万3450円)
64GBで$399(3万1320円)

ファンをうならせるスタイリッシュなフォルムは健在。

「4S」のお値段と同じで、お手軽~と思ったら大間違い。確かに購入価格は契約ベースの値段で本体こそリーズナブルですが、ベライゾンの場合ですとこんな罠が仕掛けられているのです。割引価格でiPhone 5購入者で「データ無制限」サービス対象者は、無制限の権利を剥奪されることになります。無制限が剥奪された場合、データ容量ごとのプランへ変更する必要があります。一番割安で1GBで50ドル。1GBといえば、Youtubeで中程度の画質の3分ビデオを40回視聴できる程度ですよ。高画質になると、一気にレベルダウンすること必至。1GBを超えると、1GBごとに15ドルの追加料金が掛かるんですよね。テキスト+通話料金40ドルもありますから・・・書いてるだけで頭痛がしてきますよ。

そんなわけで、アンリミテッドで毎月の支払い103ドルの私は、iPhone 4Sをキープします。

AT&Tの場合

長所)データの選択肢あり、良好なLTEで高速回線の利用可能、無制限データ維持(ただし5GB以上でスローダウン)

短所)無制限データ保有者でなければデータ・シェア・プランの共有を強要(簡単に容量超えで追加料金支払い義務発生)、フェイス・タイムに制限アリ

AT&Tをネタに、こんなビルボードが立つはずです・・・。

Tモバイルの場合(※アンロック版の利用になるので、価格は割高になります)

長所)無制限データのサービス利用が可能、フェイス・タイム無制限

短所)不良なLTEネットワーク、電話中のウェブ閲覧不可

毎月の料金ベースだけでみるとTモバイルが無制限データで60ドル、テキスト+通話で30ドルで今のところ最も割安。iPhone 5効果でこうした携帯サービス会社の業績もうなぎのぼりとなるのか、いろんな意味で眼が離せません。

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>