security

10億人がストーカーの標的に?フェイスブックがあなたを狙う

by • October 13, 2012 • Latest NewsComments (0)423

 Is Facebook Stalking 1 Billion People Though Their Algorithm?

11月6日の米大統領選を前に、フルギアで討論会をお届けしました。

当然、フェイスブックで皆さまの反応をフォロー。しかし、米大統領候補・第1回討論会でも副大統領討論会でも、眼を引くコメントはみられず。むしろ11日は、我らがイチローが所属するヤンキースが地区優勝決定戦を賭け13回まで死闘を演じたゲームの書き込みが目立ちましたね。

収穫なしかとあきらめて、11日の午後11時半前にiphone 4sで開いたフェイスブックを閉じようとした矢先、これを発見したんです。

スイス系アメリカ人いわく「ライアンは1点について正しい。選択肢は明らかだってこと」

眼に止めた瞬間、吹き出してしまいました。だってスイス系で2児の母親である彼女がライアン候補についてコメントしたら、「僕のこと呼んだ?」と言わんばかりに、彼のファンページが顔を出したんですもの!しかも、ライアン候補の下の広告も、必見!!そう、クレジットカードです。ライアン候補、討論会でオバマ政権が投入した7870億ドルの景気刺激策が失業率低下に貢献せずムダ使いだった、と批判したんですよ。バイデン副大統領はすかさず、「アフガニスタンとイラクという2つの戦争をクレジットカードにツケたの誰だ?(ライアン候補は戦争賛成票を投じたから)」と叫んだんですよね。直後にこれですよ。狙い撃ち過ぎでしょ。ひとしきり、大笑いしてお腹が痛くなったほどです。

 

しかし、笑ってられない事件が陰で発生しておりました。

 

ハーレムに住む旧ソ連諸国出身の女性、フェイスブックに大文字を駆使してこんな書き込みを更新していたんです。

「誰がどう考えようが、私にはオバマしかいないわ!誰がハックしたか知らないけど、報告済みよ。私は、オバマに投票するんだから!!」

そうです、友人のフェイスブックのアカウントがハックされ、オバマ支持の彼女が気づかない間にロムニー候補のファンページに「いいね」がクリックされていたというワケ。気持ち悪いですねぇ・・・。背筋が凍りつきました。

仕事上、個別銘柄のニュースを追いかけているんですけど、そういえばフェイスブックについて4日にこんな翻訳をしました。

「フェイスブックが、利用者の代わりに自動的に『いいね』をクリックしている――とガジェット情報サイトのギズモードをはじめBGRが報じている。フェイスブックがアルゴリズムを駆使して利用者の趣味を照らし合わせ、『自動的』といえば聞こえがよいものの、いわば勝手に『いいね』をクリックすればプライベートな情報を混乱させかねない。今月初めから広告主に電話番号やeメールアドレスを譲渡しているとの報道が流れプライバシー侵害の問題が指摘されるなか、新たな火種となりそうだ。

利用者数は9月14日に10億人 を突破し、世界最大のソーシャルネットワーク・サイトの地位を不動のものにしたフェイスブック。その裏側で携帯端末を通じた収益化が急ぐあまり、利用者のプライバシーがおろそかになりつつあります。アルゴリズムを駆使した広告戦略も目に余るものがあり、まるで10億人に照準を当てたストーカーのようで気持ち悪いのは、私だけでしょうか。

フェイスブックは「いいね」だけでなく、「ほしい」や「集める」ボタンを駆使し、提携先の小売店をつなぐ役割を担う野心的な計画も推進中。電子商取引の牙城まで築こうとしているなかでは、プライバシー問題は要注意でしょう。便利なツールなだけに、改善が待たれるところです。

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>