nochewingallowed

噛んじゃダメ、なめてかかっていきましょう。

by • December 16, 2012 • Restaurant ReviewsComments (0)591

No Chewing Allowed! Just Let It Melt…

人生の話をしているわけではありません。

ブライアント・パーク。何気なく家人とブライアント・パークに立ち並ぶクリスマス前恒例のホリデー・マーケットへ足が赴くまま寄ってみたんです。

まさか、ここで運命の出会いに待ち構えていようとは。

ネタのためスケート・リンクの写真でも撮影しようと中央へ向かったはずが、なぜか吸い寄せられてしまった・・・。

ここです!

ははは、これだけじゃ分かりませんよね。人混みの向こうには・・。

フランスからやってきたトリュフ・チョコレートのブランド「No Chewing Allowed(噛んじゃダメ)!」。キュートな名前に似合わず、1934年創業という老舗なんですよ~。

ホットチョコレートも販売してます。凍てついた日にスケートの後でほっこり飲みたい♪

試食させてもらった瞬間、めくるめく恍惚が私を襲ったのです。

とろける口どけ、なめらかな触感、濃厚な味わい、陶酔のひととき・・・。

あれから、私はこのトリュフのトリコになりました。ちょっと塩味が効いた感もありますが、コクのある甘みを引き出すための努力の断片でしょう。

約12ドルから始まるトリュフの夢のボックス。 すっかり病みつきで毎日3つを目安にパクついています。1個につき55カロリーですから、これだけで165カロリー。5km走っても286カロリーしか燃焼しないのに口にせずにいられないなんて、罪なトリュフでしょ。クリスマス・ギフトにもおススメなこちら。ブライアント・パークやユニオン・スクエアで見つけたら、フランス人に愛され続ける究極のトリュフを堪能してみて下さいね~。

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>