running7

NYハーフマラソン2週間前、セントラル・パーク・デビュー☆

by • March 4, 2013 • NY Tips, Out & AboutComments (0)1981

First time Running In Central Park, Feeling So Good!

今回は全くもって個人的な日記で、失礼いたします。

実はワタクシ、3月17日に開催されるニューヨーク・ハーフマラソンに出場する予定でございます。14年ぶりにスニーカーに足を通してから1年間トレーニングに励んだ結果、現在の同僚につられて思わず応募したらまんまと当選してしまったんです(汗)。先日の東京国際マラソンに運動っ気のなかった元同僚が初出場したように日本でもブームに火がついていますが、NYでも熱いんです!

NYCハーフはセントラル・パークを1周してから、タイムズスクエアを抜けウォールストリートを目指します!
running6

今年はハリケーン「サンディ」の影響でNYマラソンに出場できなかったランナー達がこぞって詰め掛けたとあって、当選確率70%からずっと低下し、同僚は落選したんですよね。こんな話を聞いたら、当選したご恩に報いなければいけません・・・。ワタクシ、ランニングマシーンで週に3回、5kmから10km走っておりますが、外に出た経験はイーストリバーの東岸に横たわるガントリー・ステート・パークのみ。完走できるか不安を抱えるなか、レースまであと2週間でついに前週末、セントラル・パーク・デビューしました!

粉雪がちらつく天候なだけあって、気温は2.7度。それでも、時間がないので渋る家人を引きずってアパートを出ます。太陽が出ていないだけに、体感気温は氷点下。ロングアイランド・シティから地下鉄でセントラル・パークへ赴こうと思いましたが、身体を温めるべく、ジョギングで向かうことにしたんです。

59thブリッジ、2月1日に亡くなった元NY市長エド・コッチ橋というのが正式名称。
running4

クィーンズとマンハッタンは59丁目を結ぶ59thブリッジはちょうど良い坂道もあって、排気ガスが肺を汚染してくるのが玉にキズながらトレーニングにはもってこいでした。足首に古傷がある家人は、橋をわたってすぐにある自転車屋さんで自転車を借りつつ、目指すはセントラル・パークです。

セントラル・パークは、粉雪がちらつきながらもナンのその!少なくないランナーがトレーニングに励んでいて、私をインスパイアしてくれましたよ~!道に転がる馬の糞に気をつける必要があるとはいえ、ランニングマシーンとは異なり緑に囲まれて走るのは気分爽快!セントラル・パークの最北部に差し掛かるハーレム・ヒル、70丁目付近の坂道という試練が待ち構えているのも、公園ならでは。実に走り甲斐のあるコースで、1周10kmというのも素晴らしい!

今回のセントラル・パーク1周分の成績はといいますと・・。
running3

とりあえず、ハーフマラソン約20kmで2時間を切る範囲内となりました。

ここからは59thブリッジまで再びジョギングして自転車を返し、レンタル料1時間/7ドル×2+ドリンクを購入して17ドル半ほどお支払いしたら、再び自宅までのランニング再開です。

59丁目ブリッジから我が家までの距離は、2.76マイル=4.44km。

running1

その日の成績はといいますと・・。

ハーフマラソン12マイル以上の14.06マイル=22.63kmでした!
running2

レースまであと2週間、来週も同じコースでトレーニングして、大会に備えます!

Comments

comments

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>